ニュース

『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

月刊誌『新潮45』が休刊することがわかった。

これは新潮社のオフィシャルサイトで本日9月25日に発表されたもの。休刊理由としては、部数低迷に直面した結果、「編集上の無理」が生じ、企画の吟味や十分な原稿チェックが疎かになっていたことを挙げ、「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました」と綴られている。

7月に刊行された『新潮45』2018年8月号には、杉田水脈議員がLGBTを「生産性がない」と評した文『「LGBT」支援の度が過ぎる』を掲載。9月18日発売された『新潮45』2018年10月号では杉田議員の主張を擁護する企画『そんなにおかしいか「杉田水脈」論文』を掲載し、9月21日には新潮社の佐藤隆信代表取締役社長が「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」と声明を発表する事態となっていた。休刊のお知らせは「今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です」と結ばれている。

『新潮45』は1982年創刊の『新潮45+』を前身に、1985年から刊行。手記、日記、伝記などのノンフィクションや言論を中心に掲載していた。

新潮社オフィシャルサイトより
新潮社オフィシャルサイトより
『新潮45』2018年10月号表紙
『新潮45』2018年10月号表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場