ニュース

『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

月刊誌『新潮45』が休刊することがわかった。

これは新潮社のオフィシャルサイトで本日9月25日に発表されたもの。休刊理由としては、部数低迷に直面した結果、「編集上の無理」が生じ、企画の吟味や十分な原稿チェックが疎かになっていたことを挙げ、「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました」と綴られている。

7月に刊行された『新潮45』2018年8月号には、杉田水脈議員がLGBTを「生産性がない」と評した文『「LGBT」支援の度が過ぎる』を掲載。9月18日発売された『新潮45』2018年10月号では杉田議員の主張を擁護する企画『そんなにおかしいか「杉田水脈」論文』を掲載し、9月21日には新潮社の佐藤隆信代表取締役社長が「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」と声明を発表する事態となっていた。休刊のお知らせは「今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です」と結ばれている。

『新潮45』は1982年創刊の『新潮45+』を前身に、1985年から刊行。手記、日記、伝記などのノンフィクションや言論を中心に掲載していた。

新潮社オフィシャルサイトより
新潮社オフィシャルサイトより
『新潮45』2018年10月号表紙
『新潮45』2018年10月号表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら