ゴズリング×チャゼルの映画『ファースト・マン』日本公開日決定、新写真も

映画『ファースト・マン』の日本公開日が2019年2月8日に決定。あわせて場面写真が公開された。

同作は、『ラ・ラ・ランド』『セッション』のデイミアン・チャゼル監督による新作映画。人類史上初の月面着陸計画を、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの視点から描く。原作はジェイムズ・R・ハンセンの『ファーストマン』。

主演を務めるのは『ラ・ラ・ランド』でもチャゼル監督とタッグを組んだライアン・ゴズリング。アームストロングの妻ジャネット役を映画『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演を務めるクレア・フォイが演じる。脚本は『スポット・ライト 世紀のスクープ』のジョシュ・シンガーが手掛ける。アメリカ公開日は10月12日を予定。

場面写真では、宇宙服に身を包んだアームストロング役のゴズリングをはじめ、妻ジャケット役のクレア・フォイの姿、墜落した飛行機が炎と黒煙を上げている様子、NASAの人々の姿などが確認できる。なお本日10月1日はNASAが正式に活動を開始した記念日となる。

作品情報

『ファースト・マン』

2019年2月8日(金)から全国公開
監督:デイミアン・チャゼル 脚本:ジョシュ・シンガー 原作:ジェイムズ・R・ハンセン『ファーストマン:ニール・アームストロングの人生』 出演: ライアン・ゴズリング クレア・フォイ ほか 配給:東宝東和
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ゴズリング×チャゼルの映画『ファースト・マン』日本公開日決定、新写真も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて