『NEWTOWN』プログラム追加発表 演劇や落語など多彩企画、映画上映も

11月10日と11日に東京・多摩センターの小学校跡地・デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオで開催されるCINRA主催のイベント『NEWTOWN 2018』の追加プログラムが発表された。

演劇公演を行なう『タマ劇場』には、すでに出演が発表されている劇団子供鉅人に加え、Mrs.fictionsが出演。『佐藤佐吉賞』最優秀脚本賞を受賞した2人芝居『上手(かみて)も下手(しもて)もないけれど』を上演する。同公演と劇団子供鉅人の公演『ニュータウン / パラダイス』のチケット予約はPeatixで受付中だ。

11月10日にはロロによるワークショップ『NEWTOWNから人生を立ち上げる』を開催。参加者全員で物語を創作するワークショップで、演劇に興味のある人なら誰でも参加することができる。さらに昨年に引き続き、小劇場やライブハウスなどで活動する様々な劇団、芸人、アーティストが集まる『オルギア視聴覚室』が両日開催される。

また昨年も行なわれた『落語てびらき』では、落語に加えて浪曲も登場。11月10日は浪曲師の玉川奈々福と落語家の柳亭小痴楽、11月11日は落語家の瀧川鯉八、春風亭昇々が出演する。ロロのワークショップ『NEWTOWNから人生を立ち上げる』と、『落語てびらき』の参加予約の受付もスタートしている。

映画上映企画『ニュータウン・シネマ・パラダイス』の第1弾作品ラインナップも発表。大九明子監督、松岡茉優主演の『勝手にふるえてろ』、富田克也監督の『サウダーヂ』に加え、『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』とのコラボレーションのもと、世界各国の短編アニメーションや映像作品7本を集めた「親子で楽しめるショートフィルム」が上映される。

『NEWTOWN 2018』では「みんなでつくる、新しい文化祭」をキャッチコピーに据え、ライブや映画上映、美術展、演劇やダンス、マーケットなど多様なイベントを実施。子供から高齢者まで楽しめる「文化祭」を目指す。現在『NEWTOWN 2018』ではボランティアメンバー、のど自慢大会の参加者を募集中。詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。

イベント情報

『NEWTOWN 2018』

2018年11月10日(土)、11月11日(日) 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
時間:10:30~19:00(予定) 料金:無料 ※一部プログラムは有料 『タマ劇場』 劇団子供鉅人 『ニュータウン / パラダイス』 2018年11月10日(土)、11月11日(日)全4公演 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ 4階 家庭科室 作・演出:益山貴司 出演: 億なつき 益山寛司 古野陽大 演奏:トム・カラーツ 料金:一般2,000円 学生前売1,500円(要学生証) Mrs.fictions 『上手(かみて)も下手(しもて)もないけれど』 2018年11月10日(土)、11月11日(日)全6公演 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ 4階 家庭科室 原案:岡野康弘 作・演出:中嶋康太 出演: 岡野康弘 豊田可奈子 料金:500円 NEWTOWN×ロロ 特別ワークショップ 『NEWTOWNから人生を立ち上げる』 2018年11月10日(土) 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ 2階 トーク&ワークショップ教室 出演:三浦直之(ロロ) 料金:1,000円 『オルギア視聴覚室 vol.4』 2018年11月10日(土)、11月11日(日) 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ 出演: はるかとピーチ ボボライブ 宇宙論☆講座 コンプソンズ 東京にこにこちゃん パブロ学級 発酵バニラ としくに 木場 シオちゃんハセちゃん 春とヒコーキ ほか 料金:無料 『落語てびらき』 『落語てびらき ~浪曲&落語編』 2018年11月10日(土) 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ 2F 理科室 出演: 玉川奈々福 柳亭小痴楽 料金:500円 『落語てびらき ~新作落語編』 2018年11月11日(日) 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ 2F 理科室 出演: 瀧川鯉八 春風亭昇々 料金:500円 『ニュータウン・シネマ・パラダイス』 2018年11月10日(土)、11月11日(日) 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ 上映作品: 「親子で楽しめるショートフィルム」7選 『勝手にふるえてろ』(監督:大九明子) 『サウダーヂ』(監督:富田克也) ほか
  • HOME
  • Stage
  • 『NEWTOWN』プログラム追加発表 演劇や落語など多彩企画、映画上映も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて