新ギャラリー「ANOMALY」11月開業、初回はChim↑Pom『グランドオープン』展

新ギャラリー「ANOMALY」が11月22日に東京・天王洲アイルにオープン。同日からChim↑Pomの展覧会『グランドオープン』が開催される。

山本現代、URANO、ハシモトアートオフィスの3つのギャラリーが手掛けるANOMALY。ギャラリー名の「ANOMALY」は「正論や常識では説明不可能な事象や個体、変則や逸脱」を表す言葉だという。

同ギャラリーでの初展覧会となる『グランドオープン』は、Chim↑Pomがこれまでに発表してきた「都市論」にまつわるプロジェクトの集大成。10月14日から東京・新宿の旧歌舞伎町ブックセンタービルで開催される『にんげんレストラン』で制作される総重量トン級の巨大彫刻『ビルバーガー』や、昨年に台湾で開催された『アジアン・アート・ビエンナーレ』で発表された『道』、会期中に即興的に制作される作品が展示される。

会期中にはイベントを実施予定。詳細は後日発表される。

イベント情報

Chim↑Pom
『グランドオープン』

2018年11月22日(木)~2019年1月26日(土) 会場:東京都 天王洲アイル ANOMALY 時間:11:00~18:00(金曜は20:00まで) 休廊日:日曜、月曜、祝日、12月23日~1月14日

関連リンク

  • HOME
  • Art/Design
  • 新ギャラリー「ANOMALY」11月開業、初回はChim↑Pom『グランドオープン』展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて