ニュース

アラン・ロブ=グリエ監督作の特集上映に6作品 蓮實重彦のコメント到着

上映イベント『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』が、11月23日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次開催される。

同イベントでは、20世紀の文学潮流「ヌーヴォー・ロマン」の代表的作家として知られるアラン・ロブ=グリエの監督作品を上映。上映作品には『ルイ・デリュック賞』を受賞した監督デビュー作『不滅の女』をはじめ、ジャン=ルイ・トランティニャン演じる麻薬の運び屋の「ドタバタ劇」をメタフィクションとして描いた『ヨーロッパ横断特急』、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説『裏切り者と英雄のテーマ』を下敷きにした『嘘をつく男』、初のカラー作品『エデン、その後』、ヨーロッパ各国で上映禁止となったアニセー・アルヴィナ主演作『快楽の漸進的横滑り』、ルネ・マグリットの同名の絵画をモチーフにした不条理サスペンス『囚われの美女』の6作品がラインナップしている。

あわせて予告編とポスタービジュアルが公開。予告編では、上映作品のライナップと共に、「誰かが『私は嘘をつく』といったら、彼または彼女のいうことはすでに真偽を超えている。ロブ=グリエの映画の面白さは、あくまでそのとらえどころのなさにある。しかも、その画面が曖昧とはとても思えぬほど鮮明なところに、つきぬ魅惑が脈うっている」という蓮實重彦のコメントが紹介されている。

またポスタービジュアルには「映画の快楽、快楽の映画」というキャッチコピーと共に上映作品のポートレートが写し出されている。

『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』ポスタービジュアル
『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』ポスタービジュアル
『嘘をつく男』 ©1968 IMEC
『嘘をつく男』 ©1968 IMEC
『不滅の女』 ©1963 IMEC
『不滅の女』 ©1963 IMEC
『囚われの美女』 ©1983 ARGOS FILMS
『囚われの美女』 ©1983 ARGOS FILMS
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」