ニュース

アラン・ロブ=グリエ監督作の特集上映に6作品 蓮實重彦のコメント到着

上映イベント『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』が、11月23日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次開催される。

同イベントでは、20世紀の文学潮流「ヌーヴォー・ロマン」の代表的作家として知られるアラン・ロブ=グリエの監督作品を上映。上映作品には『ルイ・デリュック賞』を受賞した監督デビュー作『不滅の女』をはじめ、ジャン=ルイ・トランティニャン演じる麻薬の運び屋の「ドタバタ劇」をメタフィクションとして描いた『ヨーロッパ横断特急』、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説『裏切り者と英雄のテーマ』を下敷きにした『嘘をつく男』、初のカラー作品『エデン、その後』、ヨーロッパ各国で上映禁止となったアニセー・アルヴィナ主演作『快楽の漸進的横滑り』、ルネ・マグリットの同名の絵画をモチーフにした不条理サスペンス『囚われの美女』の6作品がラインナップしている。

あわせて予告編とポスタービジュアルが公開。予告編では、上映作品のライナップと共に、「誰かが『私は嘘をつく』といったら、彼または彼女のいうことはすでに真偽を超えている。ロブ=グリエの映画の面白さは、あくまでそのとらえどころのなさにある。しかも、その画面が曖昧とはとても思えぬほど鮮明なところに、つきぬ魅惑が脈うっている」という蓮實重彦のコメントが紹介されている。

またポスタービジュアルには「映画の快楽、快楽の映画」というキャッチコピーと共に上映作品のポートレートが写し出されている。

『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』ポスタービジュアル
『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』ポスタービジュアル
『嘘をつく男』 ©1968 IMEC
『嘘をつく男』 ©1968 IMEC
『不滅の女』 ©1963 IMEC
『不滅の女』 ©1963 IMEC
『囚われの美女』 ©1983 ARGOS FILMS
『囚われの美女』 ©1983 ARGOS FILMS
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業