祝・山田孝之35歳の誕生日、山下敦弘監督『ハード・コア』新場面写真公開

山下敦弘監督の映画『ハード・コア』の新たな場面写真が公開された。

11月23日から公開される同作は、狩撫麻礼作、いましろたかし画の漫画『ハード・コア―平成地獄ブラザーズ』の実写版。あらすじは、世間に馴染めず群馬の山奥で怪しい活動家と埋蔵金堀りをしている右近と、同じ埋蔵金堀りの仕事に従事している心優しい友人の牛山、右近の弟で、2人を見守る商社マンの左近の3人の前に謎の古びたロボット・ロボオが現れたことから、彼らの人生を一変する一大事が起こる、というもの。右近役に映画のプロデュースも手掛ける山田孝之、左近役に佐藤健、牛山役に荒川良々がキャスティングされている。

公開された新たな写真は、本日10月20日に35歳の誕生日を迎えた山田孝之の劇中での姿を捉えたもの。山田演じる右近が目を見開いている様子をはじめ、サングラスをかけている右近、埋蔵金発掘現場の様子などが捉えられている。山田孝之は1999年に『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビュー。来年で俳優生活20周年を迎える。

作品情報

『ハード・コア』

2018年11月23日(金・祝)から全国公開
監督:山下敦弘 脚本:向井康介 原作:狩撫麻礼、いましろたかし『ハード・コア―平成地獄ブラザーズ』(エンターブレイン) 音楽:Ovall エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch“なだらかな夜” 出演: 山田孝之 佐藤健 荒川良々 石橋けい 首くくり栲象 康すおん 松たか子 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 祝・山田孝之35歳の誕生日、山下敦弘監督『ハード・コア』新場面写真公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて