池袋に都内最大級のシネコン「グランドシネマサンシャイン」が来年7月誕生

「東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクト(仮)」の施設名称が「キュープラザ池袋」に決定。あわせて同施設内に佐々木興業が出店するシネマコンプレックスの名称が「グランドシネマサンシャイン」に決まった。

佐々木興業と東急不動産による「東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクト(仮)」は、池袋駅東口のサンシャイン通りに位置し、地下2階、地上14階建て、延床面積1.6万平方メートル、賃貸面積3000坪を超える池袋東口エリア最大級の商業ビルの開発企画。地下1階から地上3階は、エリア特性にあわせた店舗を集積した約1000坪の商業フロアとなり、12スクリーン、約2500席からなる都内最大級のシネマコンプレックス・グランドシネマサンシャインは4階から12階に出店する。

グランドシネマサンシャインは、常設の映画館としては国内最大となる高さ18.9メートル、幅25.8メートルのスクリーンを備えた「IMAX レーザー/GT テクノロジー」シアター。さらに体感型アトラクションシアター「4DX」や、シネマサンシャインオリジナルの劇場規格「BESTIA」シアター、シネマコンプレックスとして日本初となる館内全スクリーンへのRGBレーザープロジェクターが導入される。一部シアターには3グレードからなるシートを設置。オリジナルのフードメニューも提供される。開業は2019年7月を予定。

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 池袋に都内最大級のシネコン「グランドシネマサンシャイン」が来年7月誕生

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて