ニュース

樹木希林「あとは、じぶんで考えてよ。」 宝島社企業広告が新聞2紙に掲載

宝島社企業広告「サヨナラ、地球さん。」
宝島社企業広告「サヨナラ、地球さん。」

宝島社の新企業広告が本日10月29日に刊行された朝日新聞全国版朝刊、読売新聞全国版朝刊に掲載されている。

生前の樹木希林の写真を使用した今回の企業広告は、朝日新聞掲載の「あとは、じぶんで考えてよ。」、読売新聞掲載の「サヨナラ、地球さん。」の2種。朝日新聞の広告には孫の内田玄兎、雅樂、伽羅、夫の内田裕也、娘の内田也哉子、義理の息子である本木雅弘が登場している。ボディーコピーは樹木希林の生前の言葉をもとに今回の広告用に制作された。なお樹木希林は2016年にも同社の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」に起用されている。

宝島社は「樹木希林さんが、2018年9月に逝去されました。死生観、人生観、恋愛観、仕事観…、樹木希林さんが残された数々の言葉をもとに、世の中に向けて、樹木希林さんからの最後の言葉として2つのメッセージをつくりました。どう生きるか、そして、どう死ぬかに向き合った樹木希林さんの、地球の人々への最後のメッセージ。どう生きるか、どう死ぬかについて、あらためて深く考えるきっかけになれば幸いです」と広告意図を説明している。各新聞のコピー全文は宝島社のオフィシャルサイトでチェックしよう。

宝島社企業広告「あとは、じぶんで考えてよ。」
宝島社企業広告「あとは、じぶんで考えてよ。」
宝島社企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」
宝島社企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど