ニュース

妹島和世がデザイン監修、西武鉄道の新型特急車両「Laview」来年3月誕生

「Laview」外観
「Laview」外観

建築家の妹島和世が基本デザイン監修を務めた西武鉄道の新型特急車両「Laview」が2019年3月に運行開始する。

10000系「ニューレッドアロー」に代わって約25年ぶりに新型特急車両として開発された「Laview」。車両形式は、「次の100年に向けた出発点である車両」であることや、「∞(無限)」の可能性を表現するために、「100」を逆から表した「001系」になったほか、愛称の「Laview」の「L」には「贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間」、「a」には「矢(arrow)のような速達性」、「view」には「大きな窓から移りゆく眺望(view)」という意味が込められているという。

車両の先頭形状は球面形状となり、前面ガラスには3次元の曲面ガラスを採用。客室窓には縦1350mm×横1580mmの大型窓ガラスを配置している。車体のカラーはアルミ素材の車体に塗装を施し、都市や自然の中で風景に溶け込むデザインを目指したという。

座席シートや床面などのテキスタイルはデザイナーの安東陽子、天井照明をはじめとする車内の照明デザインは照明家の豊久将三、デザインコーディネーションとグラフィックデザインは建築家の棚瀬純孝が担当。第1編成は各種試験を経て、池袋線、西武秩父線でビジネス、観光型の特急電車として営業運転する。2018年度から2019年度にかけて順次、「ニューレッドアロー」から置き換わっていく予定だ。「Laview」の特設サイトは11月13日10:00頃開設。

「Laview」ポスタービジュアル
「Laview」ポスタービジュアル
「Laview」外観
「Laview」外観
「Laview」客室窓
「Laview」客室窓
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと