ニュース

35年かけて制作、キドラット・タヒミック監督の大作『500年の航海』1月公開

『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik

映画『500年の航海』が2019年1月下旬から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作はフィリピン出身の映画監督キドラット・タヒミックの最新作。史上初の世界一周を成し遂げたとされるフェルディナンド・マゼランが実は旅の半ばで命を落としており、本当に世界一周を達成したのはマラッカ出身の奴隷エンリケだったという設定を元に、現代に蘇ったマゼランの輪廻転生の物語を描く。原題は『BalikBayan #1: Memories of Overdevelopment Redux VI』。

タヒミック監督が35年の歳月をかけて完成させた同作は、エンリケ役を監督自身が演じ、家族や友人をキャスティングして1980年ごろから撮影を開始。2015年に『第65回ベルリン国際映画祭』カリガリ賞を受賞したが、さらなる再編集を施すなど、いまなお構想は膨らみ続けているという。

映画公開にあわせてシアター・イメージフォーラムでは特集上映『キドラット・タヒミック監督特集』を開催。日程などの詳細は後日発表される。

『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡