ニュース

35年かけて制作、キドラット・タヒミック監督の大作『500年の航海』1月公開

『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik

映画『500年の航海』が2019年1月下旬から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作はフィリピン出身の映画監督キドラット・タヒミックの最新作。史上初の世界一周を成し遂げたとされるフェルディナンド・マゼランが実は旅の半ばで命を落としており、本当に世界一周を達成したのはマラッカ出身の奴隷エンリケだったという設定を元に、現代に蘇ったマゼランの輪廻転生の物語を描く。原題は『BalikBayan #1: Memories of Overdevelopment Redux VI』。

タヒミック監督が35年の歳月をかけて完成させた同作は、エンリケ役を監督自身が演じ、家族や友人をキャスティングして1980年ごろから撮影を開始。2015年に『第65回ベルリン国際映画祭』カリガリ賞を受賞したが、さらなる再編集を施すなど、いまなお構想は膨らみ続けているという。

映画公開にあわせてシアター・イメージフォーラムでは特集上映『キドラット・タヒミック監督特集』を開催。日程などの詳細は後日発表される。

『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
『500年の航海』 ©Kidlat Tghimik
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業