ニュース

5人の女優の「悲劇」が織り成す舞台 Nibroll『悲劇のヒロイン』2月上演

Nibroll『悲劇のヒロイン』メインビジュアル(宣伝美術:岡本健+/メインビジュアル:橋本裕貴)
Nibroll『悲劇のヒロイン』メインビジュアル(宣伝美術:岡本健+/メインビジュアル:橋本裕貴)

Nibrollの舞台『悲劇のヒロイン』が2019年2月7日から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで上演される。

1997年に結成されたNibrollは、振付家の矢内原美邦を中心に、様々な分野で活動するメンバーが作品を制作・発表するダンスカンパニー。劇場、美術館、野外で行なうパフォーマンスのほか、映像や美術といった視点からの身体表現の可能性を追求している。2004年に『MAMコンテンポラリー賞』トラベル賞、2009年に『日本ダンスフォーラム賞』大賞を受賞。現在は東京と神奈川を拠点に国内外で活動している。

『悲劇のヒロイン』は、悲劇的な立場に置かれた5人の女優が、自らの不幸を声高に語りながら進行する作品。現実社会で起こり得る「リアルな悲劇」、不幸な自分に酔い、不幸を誇張する「フェイクの悲劇」、舞台としての「フィクションの悲劇」の3つの視点から「悲劇」の構造を捉えることで、自分と世界の関係性を見つめ直すという。

振付と演出を矢内原美邦が担当。出演者には笠木泉、川田希、光瀬指絵、皆戸麻衣、望月めいりが名を連ねる。映像と美術を高橋啓祐、音楽をSKANK/スカンクが手掛ける。チケットの先行販売は11月17日10:00、一般販売は11月24日10:00からスタート。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲