ニュース

5人の女優の「悲劇」が織り成す舞台 Nibroll『悲劇のヒロイン』2月上演

Nibroll『悲劇のヒロイン』メインビジュアル(宣伝美術:岡本健+/メインビジュアル:橋本裕貴)
Nibroll『悲劇のヒロイン』メインビジュアル(宣伝美術:岡本健+/メインビジュアル:橋本裕貴)

Nibrollの舞台『悲劇のヒロイン』が2019年2月7日から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで上演される。

1997年に結成されたNibrollは、振付家の矢内原美邦を中心に、様々な分野で活動するメンバーが作品を制作・発表するダンスカンパニー。劇場、美術館、野外で行なうパフォーマンスのほか、映像や美術といった視点からの身体表現の可能性を追求している。2004年に『MAMコンテンポラリー賞』トラベル賞、2009年に『日本ダンスフォーラム賞』大賞を受賞。現在は東京と神奈川を拠点に国内外で活動している。

『悲劇のヒロイン』は、悲劇的な立場に置かれた5人の女優が、自らの不幸を声高に語りながら進行する作品。現実社会で起こり得る「リアルな悲劇」、不幸な自分に酔い、不幸を誇張する「フェイクの悲劇」、舞台としての「フィクションの悲劇」の3つの視点から「悲劇」の構造を捉えることで、自分と世界の関係性を見つめ直すという。

振付と演出を矢内原美邦が担当。出演者には笠木泉、川田希、光瀬指絵、皆戸麻衣、望月めいりが名を連ねる。映像と美術を高橋啓祐、音楽をSKANK/スカンクが手掛ける。チケットの先行販売は11月17日10:00、一般販売は11月24日10:00からスタート。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う