太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の本編映像が公開された。

明日11月16日から公開される同作は、ブロガー、漫画家、小説家として活動する歌川たいじが自身の母親との関係を綴った同名コミックエッセイの実写映画版。映画では社会人のタイジが友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年間も関係を絶っていた母・光子と向き合い、母の愛を取り戻そうとする様を描く。主人公のタイジ役に太賀、光子役に吉田羊がキャスティング。

今回公開されたのは、タイジが重い口を開き、辛い過去と自らの過ちを友人たちに打ち明けた直後のシーン。秋月三佳演じるタイジの同僚カナと白石隼也演じるカナの恋人の大将がタイジを抱きしめるように飛びついてじゃれつく場面や、森崎ウィン演じるキミツが3人に「こっち向いて」とカメラを構える様子、「どうやって笑っていいかわかんなくなっちゃった」と涙を浮かべるタイジの姿などが映し出されている。

作品情報

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

2018年11月16日(金)から新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国で公開
監督:御法川修 脚本:大谷洋介 原作:歌川たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA) 主題歌:ゴスペラーズ“Seven Seas Journey” 出演: 太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花 配給:REGENTS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて