ニュース

Yo La Tengoが映画『いろとりどりの親子』劇伴の制作秘話など語る映像公開

『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC

映画『いろとりどりの親子』のYo La Tengoのインタビュー映像が到着した。

11月17日公開の同作は、24か国で翻訳され、2012年に『全米批評家協会賞』や『ニューヨークタイムズ』ベストブックに選出されたアンドリュー・ソロモンのノンフィクション本『Far From The Tree: Parents, Children and the Search for Identity』を映画化したもの。自閉症、ダウン症、低身長症、LGBTといった様々な「違い」を抱えた子供を持つ6組の親子たちが直面する困難や、その経験から得られる喜び、愛情を描いたドキュメンタリーだ。

ニコ・ミューリーと共に同作の音楽を担当したYo La Tengo。サントラの制作秘話や映画の感想について語るインタビュー映像には、アイラ・カプラン(Vo,Gt)が「最初は、僕達の曲をいくつか使いたいという話だったんです。その時に〈できればサントラも〉という相談も受けていたけど、既にニコ・ミューリーがサントラを手掛けることが決まっていたから、どうなるかわからなくて。でも、プロジェクトが進むに連れて、次第に僕達のやりたいことが大きくなって、サントラを作ることになりました」と経緯を明かす様子や、ジョージア・ハブレイ(Vo,Dr)が「レイチェルはどんな曲が必要なのか、明確なヴィジョンを持っていました。〈ヨ・ラ・テンゴのあの曲みたいな感じで〉という風に具体的に指示してくれたので、作業はとてもスムースにいきました」と振り返るシーン、ジェームズ・マクニュー(Vo,Ba)が監督との共同制作について「彼女は僕達のことを理解してくれていたので、〈ちょっと変わったことをしてもいいんじゃないかな〉と思って楽しみながら曲を作ることができたんです」と語る場面が映し出されている。

また映画の感想についてジョージアは「映画の登場人物が、みんな人間味に溢れていて魅力的でした。家族や配偶者の問題を、それぞれがどのように解決していくか。そのストーリーが明確に描かれていて、どのエピソードも興味深かったです」、アイラは「登場人物はいろいろな問題を抱えて人生を歩んでいるけど、彼らはそれを受け入れている。彼らにとって、今の状態が正常だということを、この映画で知りました。例えば、常に怒りを爆発させている子供を、両親が治療しようとするエピソードがあったけど、その子は病気ではなかった。自分達と違っていても、〈そういう人間なんだ〉と受け入れることが大切なんじゃないかと思いました」とそれぞれ語っている。

『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
『いろとりどりの親子』 ©2017 FAR FROM THE TREE, LLC
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」