ニュース

夏帆主演『ブルーアワーにぶっ飛ばす』来年公開 シム・ウンギョンらと共演

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が2019年に公開される。

同作は、『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016』で審査員特別賞を受賞した箱田優子監督の『ブルーアワー』の劇場公開版。仕事にも人生にもぼやきながら東京でCMディレクターとして働く30歳の砂田が、祖母の見舞いのために、自由奔放な友人・清浦と共に大嫌いな地元・茨城に帰ることになるというあらすじだ。

何者にもなれない自分や田舎にコンプレックスを抱きながら奮闘する砂田役に夏帆、清浦役に映画『怪しい彼女』などで知られ、今回日本語に挑戦したシム・ウンギョンがキャスティング。共演者には、南果歩、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでんが名を連ねる。

昨日11月15日に行なわれた『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』には、箱田優子監督、夏帆、シム・ウンギョンが登壇。箱田監督は「2年前が昨日のことのようで、まさにタイトルのごとく、ぶっ飛ばして今日にやってきた気持ちです。自分が一番見たい映画を脚本にして、こうして映画化できる機会を与えてくれたことに本当に感謝しています。一般のお客さんの目で見ても、とても面白い作品になったと思います!」と語っている。

夏帆は、主人公の砂田役について「砂田の役が本当に大好きで、撮影後半には自分なのか砂田なのかよく分からなくなるっていうくらいでした。いま一番やりたかった役に、やっと巡り会えたと思ったんです。だからこそ、自分をすべてさらけ出す気持ちで挑みました」、シム・ウンギョンは箱田監督について「監督はすごく面白い人。撮影の時、いつも寄り添ってくれて本当に心強かったです。監督のおかげで、清浦役の芝居をやり通すことができたと思います。感謝です!」とそれぞれコメント。

さらに同作で砂田の母役を演じ、『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の審査員を務めた南果歩は「監督はユーモアがあって、一番元気。でもカメラの脇に入ると、存在が保護色になって馴染みだし、みんなを見守る存在になるのです。何より良かったのは、茨城に行ってリハーサルができたこと。監督の実家やご両親のやっている牛舎に行ったりと、茨城ロケを満喫しました。いま紹介されたパイロット版を観て、早く映画を観たくなっちゃいました!」と述べている。

『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは