ニュース

夏帆主演『ブルーアワーにぶっ飛ばす』来年公開 シム・ウンギョンらと共演

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が2019年に公開される。

同作は、『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016』で審査員特別賞を受賞した箱田優子監督の『ブルーアワー』の劇場公開版。仕事にも人生にもぼやきながら東京でCMディレクターとして働く30歳の砂田が、祖母の見舞いのために、自由奔放な友人・清浦と共に大嫌いな地元・茨城に帰ることになるというあらすじだ。

何者にもなれない自分や田舎にコンプレックスを抱きながら奮闘する砂田役に夏帆、清浦役に映画『怪しい彼女』などで知られ、今回日本語に挑戦したシム・ウンギョンがキャスティング。共演者には、南果歩、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでんが名を連ねる。

昨日11月15日に行なわれた『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』には、箱田優子監督、夏帆、シム・ウンギョンが登壇。箱田監督は「2年前が昨日のことのようで、まさにタイトルのごとく、ぶっ飛ばして今日にやってきた気持ちです。自分が一番見たい映画を脚本にして、こうして映画化できる機会を与えてくれたことに本当に感謝しています。一般のお客さんの目で見ても、とても面白い作品になったと思います!」と語っている。

夏帆は、主人公の砂田役について「砂田の役が本当に大好きで、撮影後半には自分なのか砂田なのかよく分からなくなるっていうくらいでした。いま一番やりたかった役に、やっと巡り会えたと思ったんです。だからこそ、自分をすべてさらけ出す気持ちで挑みました」、シム・ウンギョンは箱田監督について「監督はすごく面白い人。撮影の時、いつも寄り添ってくれて本当に心強かったです。監督のおかげで、清浦役の芝居をやり通すことができたと思います。感謝です!」とそれぞれコメント。

さらに同作で砂田の母役を演じ、『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の審査員を務めた南果歩は「監督はユーモアがあって、一番元気。でもカメラの脇に入ると、存在が保護色になって馴染みだし、みんなを見守る存在になるのです。何より良かったのは、茨城に行ってリハーサルができたこと。監督の実家やご両親のやっている牛舎に行ったりと、茨城ロケを満喫しました。いま紹介されたパイロット版を観て、早く映画を観たくなっちゃいました!」と述べている。

『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018』の模様 ©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで