LAMAの6年ぶり新作音源『ALTERNATIVE EP #1』 12月の単独公演で販売開始

LAMAの新作『ALTERNATIVE EP #1』が12月1日にリリースされる。

ナカコー(Nyantora)、フルカワミキ、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、toddle)、牛尾憲輔(agraph)によって結成されたLAMA。約6年ぶりの新作となる『ALTERNATIVE EP #1』には全5曲が収録され、12月1日に東京・渋谷のWWWで開催するワンマンライブ『ALTERNATIVE』の物販を皮切りに、数量限定で販売する。当日は15:30から16:30の1時間のみ、ライブチケットを持参していない来場者でも購入できる先行販売を実施。

LAMAは同作について「3rdを出すならという音楽的構想は5年前からあった。時間をかけてこのタイミングで形にする事ができた」とコメントを寄せている。

なお、単独公演『ALTERNATIVE』はLAMAにとって約3年半ぶりとなるライブ。チケットは現在販売中だ。

リリース情報
イベント情報

LAMA
『ALTERNATIVE』

2018年12月1日(土) 会場:東京都 渋谷 WWW 料金:4,000円(ドリンク別)
  • HOME
  • Music
  • LAMAの6年ぶり新作音源『ALTERNATIVE EP #1』 12月の単独公演で販売開始

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて