小見山峻、初の写真集『hemoglobin』刊行 中目黒で個展も開催

小見山峻の写真集『hemoglobin』が刊行。あわせて、個展『hemoglobin Shun Komiyama solo exhibition』が11月28日から東京・中目黒のCOMPLEX BOOSTで開催される。

1988年生まれ、神奈川出身の写真家・小見山峻。2014年からフォトグラファーとして活動し、「限りなくリアルに寄り添ったアンチリアリティ」を追求した作品を発表している。

『hemoglobin』は小見山にとって初の写真集。同書は小見山のルーツに深く関わるという「鉄」にフォーカスした「重機」と「刀」の対比によって構成されている。小見山自身がすべての費用を出資して制作した500部限定の自費出版作品となり、今年実施された「JW Anderson」のフォトグラファー発掘を目的としたキャンペーン『YOUR PICTURE/OUR FUTURE』の入選作品も収録される。

写真集は『hemoglobin Shun Komiyama solo exhibition』の会場で先行発売する。会期初日にはオープニングレセプションも開催される。

書籍情報
イベント情報

『hemoglobin Shun Komiyama solo exhibition』

2018年11月28日(水)~12月4日(火) 会場:東京都 中目黒 COMPLEX BOOST 時間:12:00~20:00(最終日は18:00まで)
  • HOME
  • Art/Design
  • 小見山峻、初の写真集『hemoglobin』刊行 中目黒で個展も開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて