『進撃の巨人展 final』が7月に六本木で開催、「最後にして最大」の原画展

『進撃の巨人展 final』が7月5日から東京・六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーで開催される。

『別冊少年マガジン』で連載されている諫山創の漫画『進撃の巨人』。累計発行部数は7800万部を超え、全世界18言語、180か国以上で出版されている。アニメ化や実写映画化、ゲーム化されたほか、先日ハリウッドで実写映画化することが発表された。

『進撃の巨人展 final』は、2014年に東京・上野の森美術館で行なわれた初の原画展『進撃の巨人展 WALL TOKYO』以来、約5年ぶりの原画展。原作の世界を体感できるコンテンツや新しいキャラクター音声ガイド、前回を超える数の原画の展示を予定している。展覧会のビジュアルには「最後にして最大 進撃の巨人展 開催決定!」と記載。展示内容の詳細は同展の公式SNSで随時発表される。

イベント情報

『進撃の巨人展 final』

2019年7月5日(金)~9月8日(日) 会場:東京都 六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー
  • HOME
  • Book
  • 『進撃の巨人展 final』が7月に六本木で開催、「最後にして最大」の原画展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて