東京都現代美術館が3月下旬にリニューアルオープン 2つの展覧会を開催

東京・清澄白河の東京都現代美術館が3月下旬にリニューアルオープン。3月29日から展覧会『百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-』『MOTコレクション ただいま/はじめまして』が開催される。

1995年に開館した東京都現代美術館。開館から20年を経て、諸設備の改修と利便性の向上のため2016年から約3年間にわたって休館している。同館には現在約5200点の作品が収蔵されており、休館期間中に約300点が新たに収蔵された。

『百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-』は、1910年代から現在までの100年にわたる日本の美術を、編集的な視点で新旧の表現を捉えて独自の創作を展開した「編み手」である作家たちの実践として、同館のコレクションを核に再考するもの。日本の近現代美術史の重要な作品を3フロアの展示室全体を使って総覧し、新たな切り口から検証する。

また同館のコレクションを紹介する展覧会シリーズ『MOTコレクション』では、2019年度は新収蔵作品を中心に紹介。第1弾となる『MOTコレクション ただいま/はじめまして』では主に2010年代に制作された作品群に焦点を当てると共に、修復後の作品の初披露なども行なわれる。

イベント情報

『百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-』

2019年3月29日(金)~6月16日(日) 会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室 3F、1F、地下2F
イベント情報

『MOTコレクション ただいま/はじめまして』

2019年3月29日(金)~6月16日(日) 会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 コレクション展示室 1F、3F
  • HOME
  • Art,Design
  • 東京都現代美術館が3月下旬にリニューアルオープン 2つの展覧会を開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて