ニュース

安全で安価な生理用品の普及に人生を捧げた男 『パッドマン』本日公開

『パッドマン 5億人の女性を救った男』
『パッドマン 5億人の女性を救った男』

映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』が本日12月7日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほかで公開されている。

同作は、現代のインドで安全かつ安価な生理用品の普及に人生を捧げた男の実話をもとにした物語。インドの小さな村で新婚生活を送る主人公ラクシュミが、貧しくて生理用品を買えずに不衛生な布で処理している最愛の妻を救うため、清潔で安価なナプキンを手作りすることを思いつき、様々な困難に直面しながらもやがて低コストでナプキンを大量生産できる機械を発明することに成功する、というあらすじだ。

劇中では、村中の人々から奇異な目で見られ、ついには村を離れるまでの事態に陥りながらも諦めずに奮闘するラクシュミの姿や、自身で発明した機械を使って農村の女性たちに働く機会をも与えようとする様などが描かれる。クライマックスの国連演説のシーンは見どころの1つ。

『パッドマン 5億人の女性を救った男』ポスタービジュアル
『パッドマン 5億人の女性を救った男』ポスタービジュアル

主人公ラクシュミを演じるのはアクシャイ・クマール。彼の妻ガヤトリ役にラーディカー・アープテー、彼を助けてナプキンの普及に尽力する都会の女性パリー役に『ミルカ』などのソーナム・カプールがキャスティングされている。監督は『マダム・イン・ニューヨーク』の監督を務めたガウリ・シンデーの夫R・バールキ。

映画のモデルとなった「パッドマン」ことアルナーチャラム・ムルガナンダムは、1962年生まれ、南インド出身の56歳。妻と結婚して初めて女性の生理時の実態を知り、ナプキンの手作りに取り組み始めた。インド社会では未だタブーである「生理」に触れた彼の行動は様々な波紋を巻き起こしたという。

アルナーチャラム・ムルガナンダム
アルナーチャラム・ムルガナンダム

ムルガナンダは商用ナプキンの3分の1もの低コストで衛生的なパッドを製造できる機械を発明しただけにとどまらず、女性たち自らがその機械を使ってナプキンを女性たちに届けるシステムを開発。発明した機械はインドの29州のうち23州に設置されており、さらに106か国に拡大する予定だ。その功績から、2014年にはアメリカ『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、インド政府からは2016年に褒章パドマシュリを授与されている。

予告編にも登場する演説のシーンで主人公は「強い男、国を強くしない。女性が強い。母が強い。だから世界は強くなる」と訴えかける。未だタブー視されがちな生理の問題を正面から扱うだけでなく、女性をエンパワーするメッセージにも溢れた本作。インドでは初登場1位のヒットを記録したそうだが、日本でも男女問わず、広く見られてほしい1作だ。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察