ループするアニメーションに注目する企画展『ループアニメの世界』に7作家

企画展『ループアニメの世界』が、12月16日から東京・なかのZERO 展示ギャラリーで開催される。

同展は近年SNS上で人気を集める短いループアニメーション作品に注目し、その意義を再検討する企画展。ループアニメを仮想の日常を生み出し差異化する潮流と捉え、現代美術作家の個人製作アニメを展示する。

参加作家は、『第35回キヤノン写真新世紀』グランプリの迫鉄平をはじめ、小林椋、北村英理、たすく処理装置、ねこにん、マリヒコ、わすの7組。キュレーションはゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校の第2期卒業生であり、2016年に開催された『バラックアウト』展にも参加したじょいともが務める。

イベント情報

『ループアニメの世界』

2018年12月16日(火)~12月24日(月・祝) 会場:東京都 中野 なかのZERO 展示ギャラリー 時間:平日10:00~21:30 土、日曜10:00~21:30 最終日10:00~17:00 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • ループするアニメーションに注目する企画展『ループアニメの世界』に7作家

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて