ニュース

福山翔大主演の青春音楽映画『JK☆ROCK』 バンドメンバー役に山本涼介ら

『JK☆ROCK』 ©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
『JK☆ROCK』 ©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ

映画『JK☆ROCK』が4月6日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

同作は、元バンドマンと女子高生バンドの青春を描く作品。自身が所属していたロックバンド「JoKers」の解散をきっかけに音楽の道を挫折した海江田丈が、初心者で結成された女子高生バンドへの指導を通して音楽への情熱を取り戻していく、というあらすじだ。

才能がありながらも音楽の道を諦めようとする主人公・丈役を演じるのは、福山翔大。かつてドラマ『You May Dream』で鮎川誠(シーナ&ロケッツ)役を演じ、ギター演奏経験のある福山は、『JK☆ROCK』でも劇中バンド・JoKersのギターボーカルとして演奏を披露している。映画の音楽指導を担当した横川雄一は福山について「歌については、本当に才能があり熱量を感じた。バンドのライブシーンでは、動きも含めてパフォーマンスが上手く、本物のカッコいいバンドのボーカルのようだった」と語っている。

同作が映画初主演作となる福山は「正直、不安もありましたが六車監督をはじめ各部署のスタッフの皆様に名だたる俳優の先輩方に支えていただき、撮影に臨むことができました」「影を抱えたキャラクター性をどう醸し出すか、ロックバンドをやっている真実味、そして、カリスマ性。この3つをテーマに演じました」とコメント。

またロックカフェの店長・照雄役に西村まさ彦、元JoKersで解散後にアメリカデビューを果たす香月丞役に山本涼介、同じく元メンバー役に小林亮太、熊谷魁人がキャスティング。西村は初共演となる福山について「直球勝負のような感じで、若さと情熱を感じた」と振り返っている。

さらに高島礼子、本田博太郎、橋本マナミ、若旦那(湘南乃風)、吉本実憂、金井勇太、吹越満らも共演者に名を連ねる。監督は六車俊治。

主題歌は劇中で丈が音楽への想いを取り戻すきっかけとなる存在で、実際に現役女子高生バンドとしてデビューを果たしたDROP DOLLの新曲“シークレットボイス”。彼女たちをメインに据えたスピンオフストーリーのコミカライズも決定しており、2月1日刊行の『月刊ヒーローズ』から3号連続で掲載されるほか、ウェブ版でも配信する。12月25日に先行してウェブ版の詳細が公開予定。

福山翔大のコメント

この度、主演海江田丈役を演じさせていただきました。福山翔大です。
“JK”と“ロック”この物語はこの2つの化学反応による“青春ロック”ムービーです!
初主演ということもあり正直、不安もありましたが六車監督をはじめ各部署のスタッフの皆様に名だたる俳優の先輩方に支えていただき、撮影に臨むことができました。
海江田丈という人間は裕福な家庭で育ち人気ロックバンドJoKersのギター&ボーカルという一見、順風満帆に生きてきた男なのですがある事を境に心に深い傷を負ってしまいます。その、影を抱えたキャラクター性をどう醸し出すか、ロックバンドをやっている真実味、そして、カリスマ性。この3つをテーマに演じました。
心の揺れ動きや葛藤、その一瞬一瞬を、フレッシュなエネルギーを感じていただけたら幸いです。宜しくお願い致します!

『JK☆ROCK』 ©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
『JK☆ROCK』 ©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
『JK☆ROCK』 ©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
『JK☆ROCK』 ©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性