デヴィッド・ボウイのライブ映画『ジギー・スターダスト』を「絶響上映」

上映イベント『ライヴ・フィルム「デヴィッド・ボウイ ジギー・スターダスト」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪』が、1月9日に東京・お台場のZepp Tokyo、大阪・Zepp Nambaで開催される。

同公演では、デヴィッド・ボウイのアルバム『ジギー・スターダスト』を携えたツアーの最終公演として1973年に行なわれたライブを上映。ボウイの誕生日の翌日で、命日の前日である1月9日限定で行なわれる。上映にはフレイザー・ぺネベイガーの監修のもと、サウンドプロデューサーにトニー・ヴィスコンティを迎えて2003年にリマスターされたバージョンを使用。ライブハウスのPA音響を用いて上映する。

東京での上映前にはボウイをアメリカ・ニューヨークで撮影して以来、40数年にわたって親交のあった写真家・鋤田正義が登壇する。司会には1973年の初来日前にインタビューを行なった吉成伸幸が担当。また入場者特典として映画タイトルが入ったイベントステッカーと耳栓が用意されている。

チケットは現在販売中。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『ライヴ・フィルム「デヴィッド・ボウイ ジギー・スターダスト」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪』

2018年1月9日(水) 会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo、大阪府 Zepp Namba
上映作品:『ジギー・スターダスト』(監督:D・A・ペネベイカー) 料金: 前売 エクストラシート4,000円 自由席3,000円 スタンディング2,000円(全てドリンク別) 当日 エクストラシート4,500円 自由席3,500円 スタンディング2,500円(全てドリンク別) ※入場者特典付
  • HOME
  • Movie,Drama
  • デヴィッド・ボウイのライブ映画『ジギー・スターダスト』を「絶響上映」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて