ニュース

明日公開『アリー/ スター誕生』メイキング映像&ローラ、Kemioらコメント

『アリー/ スター誕生』 ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『アリー/ スター誕生』 ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画『アリー/ スター誕生』のメイキング映像が公開された。

明日12月21日公開の同作は、容姿に自信がなく、歌手を目指すも芽の出ないアリーが、国民的ミュージシャンのジャクソンとの出会いをきっかけに挫折を経験しながらスターへの階段を駆け上がっていく姿を描いた作品。アリー役を映画初主演となるLady Gagaが演じる。メガホンを取ったのはジャクソン役を演じるブラッドリー・クーパー。

メイン曲“Shallow”を使用したメイキング映像では、アリーとジャクソンが“Shallow”を披露するシーンを中心に舞台裏などを約4分間にわたって映し出している。Lady Gagaは“Shallow”をはじめとする楽曲について「私はアリーの目線でうた作っていった。だからアリーの物語が進むにつれて、彼女の歌う“うた”も変わっていく。そしてこの作品の中に登場する“うた”は、どれも自然な形で生まれるようにしたかった。だからアリーがジャクソンと恋におちるとき、彼女は彼の音楽や、彼のバンドにインスピレーションを受けているようにしたかった。サウンドドラックに入っている、多くのうたは、ジャクソンの音楽から影響を受けている」とコメント。

また日本のファンに向けて「日本のファンの皆さんには『自分自身に正直でいないさい』と言いたい。自分が何者なのか?それは誰しもが自問し、それぞれに悶え苦しむものだと思う。でも一番大事なことは、自分の内なる声に耳を傾けること。ありのままでいて良い。ありのままの自分を愛して良い」と語っている。あわせて倖田來未、ローラ、雨宮塔子、すみれ、尾崎由香、関根麻里、Kemioのコメントも到着した。

倖田來未のコメント

こんなに、終わった後に思い出し泣きする映画は初めてでした。皆さんのイメージしているレディー・ガガさんとは、きっと革命的なファッションやメイク、音楽性だと思いますが、私が実際に会った彼女は全くの正反対かもしれません。アリーは、等身大のガガさんのような、私は気がしました。そして一言言わせてください。心に残る映画に絶対になります。絶対観た方が良いです!!(笑)
是非ハンカチ、いや、ハンドタオル持って行ってください。涙が止まらない作品です!!

ローラのコメント

とっても感動した!ローラ泣き!きっとこの映画をみたら、みんな泣いちゃうけど、自信を持つと人は輝くの、小さい悩みなんて飛んでっちゃうくらい勇気を貰えるよ!

雨宮塔子のコメント

コメントをする立場だけれど・・・。この映画に宣伝文句はいらない。ただただ何の先入観もなしに見てほしい。“魂を掘り下げた”主演二人の奇跡のパフォーマンスに胸が震えるはずだから。

すみれのコメント

共感と感動!色んな感情が心の奥底から溢れ出てきました!パワフルな歌声と圧巻の演技に鳥肌の連続。泣く時、声が出ないよう我慢するので必死でした。アリーのドラマチックな人生に、明日を生きる元気を頂きました!

尾崎由香のコメント

観たことないレディー・ガガがスクリーンの中にいました!!ブラットリークーパーが映し出す明るい世界の裏側は、ひしひしと現実味を感じさせてくれます。シンデレラストーリーなんですが、歌で始まる恋と、歌が繋ぐ真実の愛に胸打たれました。ラスト、ガガの演技に涙します。

関根麻里のコメント

素晴らしい歌のパワーに圧倒され、エンドロールが終わっても感動の涙が止まりませんでした。今でもサントラを聴いて、余韻に浸っています!

Kemioのコメント

夢や恋、ショービジネスの世界とフルコース波のストーリーで満腹。映画館で泣くタイプじゃありませんが、なによりも劇中で披露される音楽の一つ一つが、物語をより熱いものにしていて、破壊的に素晴らしくて滝のような涙でした。何度もでも観たい作品。
日本でもたくさん観に行っちゃおっと。

『アリー/ スター誕生』 ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『アリー/ スター誕生』 ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『アリー/ スター誕生』ポスタービジュアル ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『アリー/ スター誕生』ポスタービジュアル ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影