上映企画『京マチ子映画祭』に『羅生門』『雨月物語』『地獄門』など32本

上映企画『京マチ子映画祭』が2月23日から東京・角川シネマ有楽町ほかで順次開催される。

1949年に大映に入社、女優デビューした京マチ子。黒澤明監督の『羅生門』で『ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞、溝口健二監督の『雨月物語』で同銀獅子賞、衣笠貞之助監督の『地獄門』で『カンヌ国際映画祭』パルムドールなど、主演作が海外の映画祭で次々と賞を獲得したことから「グランプリ女優」と呼ばれた。

同イベントでは、来年に京マチ子がデビュー70周年を迎えることを記念して、代表作32本を一挙上映。上映作品には、溝口健二監督の『雨月物語』『赤線地帯』、小津安二郎監督の『浮草』の4K修復版に加えて、黒澤明監督の『羅生門』、衣笠貞之助監督の『地獄門』、市川崑監督の『鍵』『ぼんち』などがラインナップしている。『赤線地帯』の4K修復版の上映は国内初。イベントの開催発表とあわせて予告編が公開された。

イベント情報

『京マチ子映画祭』

2019年2月23日(土)から角川シネマ有楽町ほかで順次開催
上映作品: 『赤線地帯』(監督:溝口健二) 『いとはん物語』(監督:伊藤大輔) 『鍵』(監督:市川崑) 『羅生門』(監督:黒澤明) 『偽れる盛装』(監督:吉村公三郎) 『浮草』(監督:小津安二郎) 『雨月物語』(監督:溝口健二) 『女の勲章』(監督:吉村公三郎) 『地獄門』(監督:衣笠貞之助) 『藤十郎の恋』(監督:森一生) 『夜の素顔』(監督:吉村公三郎) 『流転の王妃』(監督:田中絹代) 『愛染かつら』(監督:木村恵吾) 『赤線の灯は消えず』(監督:田中重雄) 『浅草紅団』(監督:久松静児) 『浅草の夜』(監督:島耕二) 『あなたと私の合言葉 さようなら、今日は』(監督:市川崑) 『お伝地獄』(監督:木村恵吾) 『踊子』(監督:清水宏) 『女の一生』(監督:増村保造) 『悲しみは女だけに』(監督:新藤兼人) 『黒蜥蜴』(監督:井上梅次) 『源氏物語』(監督:吉村公三郎) 『婚期』(監督:吉村公三郎) 『細雪』(監督:島耕二) 『新・平家物語 義仲をめぐる三人の女』(監督:衣笠貞之助) 『千姫』(監督:木村恵吾) 『痴人の愛』(監督:木村恵吾) 『虹いくたび』(監督:島耕二) 『女系家族』(監督:三隅研次) 『ぼんち』(監督:市川崑) 『有楽町で逢いましょう』(監督:島耕二) 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 上映企画『京マチ子映画祭』に『羅生門』『雨月物語』『地獄門』など32本

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて