MONO NO AWARE、家族の形を見つめ直す映画『沈没家族』の主題歌担当

MONO NO AWAREが、映画『沈没家族 劇場版』の主題歌を手掛けることが発表された。

2019年春に公開される同作は、加納土監督が大学の卒業制作として発表し、2017年に『PFFアワード』審査員特別賞、『第20回京都国際学生映画祭』観客賞、実写部門グランプリを受賞した『沈没家族』をバージョンアップしたドキュメンタリー映画。1990年代の東京・東中野で、様々な人々が1軒の家に寄り合い、子供たちの面倒を見る「共同保育」によって育った加納土監督が、当時の保育者たちの姿を辿り、シングルマザーの母の思いや不在だった父の姿を追い、「家族の形」を見つめ直す様が映し出される。

MONO NO AWAREは同作の主題歌として新曲“A・I・A・O・U”を書き下ろしたほか、メンバーの玉置周啓が挿入曲を手掛けている。

作品情報

『沈没家族 劇場版』

2019年春からポレポレ東中野ほか全国で順次公開
監督:加納土 主題歌:MONO NO AWARE“A・I・A・O・U” 音楽:MONO NO AWARE、玉置周啓 上映時間:93分 配給:ノンデライコ
  • HOME
  • Music
  • MONO NO AWARE、家族の形を見つめ直す映画『沈没家族』の主題歌担当

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて