アガサ・クリスティ『ねじれた家』初映画化 GG賞グレン・クローズら出演

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』が、4月19日から東京・角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開される。

同作は、アガサ・クリスティ自身が最高傑作だと語ったとされる小説『ねじれた家』を初映画化したもの。無一文から巨万の富を築いた大富豪の毒殺事件を巡って容疑者となった「心のねじれた」一族の人間模様を描く。英国式の屋敷、庭園、上流階級の文化や生活を堪能できる衣装、インテリアなども見どころとなる。原題は『CROOKED HOUSE』。

一族の女役を演じるのは、『天才作家の妻 -40年目の真実-』で『第76回ゴールデングローブ賞』ドラマ部門主演女優賞を受賞したグレン・クローズをはじめ、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックス。事件の真相を追う私立探偵チャールズ役をクローズとは2度目の共演となるマックス・アイアンズ、主任警部役をテレンス・スタンプが演じた。監督は『サラの鍵』のジル・パケ=ブレネール。脚本はドラマ『ダウントン・アビー』のジュリアン・フェロウズらが担当した。

作品情報

『アガサ・クリスティー ねじれた家』

2019年4月19日(金)から角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督:ジル・パケ=ブレネール 脚本:ジュリアン・フェロウズ、ジル・パケ=ブレネール、ティム・ローズ・プライス 原作:アガサ・クリスティ『ねじれた家』(ハヤカワ文庫) 出演: グレン・クローズ テレンス・スタンプ マックス・アイアンズ ステファニー・マティーニ ジリアン・アンダーソン クリスティーナ・ヘンドリックス ほか 上映時間:115分 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アガサ・クリスティ『ねじれた家』初映画化 GG賞グレン・クローズら出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて