ニュース

「不老不死の男」の惰眠と後悔 Mrs.fictions『伯爵のおるすばん』再演

Mrs.fictionsの舞台『伯爵のおるすばん』が、3月20日から吉祥寺シアターで再演される。

2007年に結成されたMrs.fictionsは、今村圭佑、岡野康弘、中嶋康太からなる劇団。「人と人とは出会わなければならない」を理念に掲げ、複数の劇団が15分間の舞台作品を紹介するショーケースイベント『15 Minutes Made』などを展開している。

2013年に初演された同作は、「不老不死の男」と言われたサンジェルマン伯爵の生涯を描いた作品。18世紀に稀代の詐欺師として約100年にわたって活動した後、宇宙が終わりを迎えるまで惰眠と後悔にまみれて静かに過ごすサンジェルマン伯爵と、彼が愛した人物たちが織り成す物語を描く。

作・演出を中嶋康太(Mrs.fictions)が担当。キャストにMrs.fictionsの今村圭佑と岡野康弘をはじめ、市原文太郎、大宮二郎(コンプソンズ)、木本夕貴、東野良平(劇団「地蔵中毒」)らが名を連ねる。チケットの予約受付は2月3日10:00からスタート。

中嶋康太は再演に際し、「吉祥寺シアターさんはじめ様々な助けを借りてもう一度すみずみまでお届けしたい、今の私たちにぴったりの演目です」と意気込みを語っている。

中嶋康太(Mrs.fictions)のコメント

「死ななかったらどうしよう」
物語の中でたまに描かれるこの想像がとても好きです。不老不死というのはおそらく死の恐怖を和らげる為に誰かが考えた嘘っぱちの概念なのに、そこに無用なリアリティを感じてシクシクと胸を痛めてしまう、そんなバカバカしくて可愛くて美しい想像力の飛距離みたいなものが好きなのだと思います。 私は多分結構かなり臆病なので死んだり終わったりするのが嫌いだし怖いんですけど、だからこそ心の準備みたいなことをしておきたくて、人生こんな感じで終わるのならまあアリかな? という気分で書いたのがザ・ミセスフィクションズ※2『サヨナラ サイキック オーケストラ』でした。地球に巨大隕石が落ちるお話です。(※ザ・ミセスフィクションズというのは我々が滅多にやらない単独公演の超カッコイイ呼び方なので是非覚えて帰って下さい)
なので今回は死ななかったときの心の準備もしておきたくて、不老不死で有名な伯爵さまを主人公にしてみました。ずっと死なないまま、地球も宇宙もその外側? も全部終わるまでを描きたいと思っています。もちろん難解で壮大な歴史物とかではありません。特に
理由も無く長生きしてしまう伯爵さまが、もう会えない人や物や場所に向かって言いそびれた沢山の「ごめんね」とか「ありがとう」を抱えて右往左往するといった、要するに私たちの、いつもの日々の暮らし向きのようなお話です。

……といった挨拶文を2013年初演時のチラシに書いたのですが、読み返してみたら驚くほど気持ちに成長がなかったのでそのまま再掲させて頂きました。吉祥寺シアターさんはじめ様々な助けを借りてもう一度すみずみまでお届けしたい、今の私たちにぴったりの演目です。

Mrs.fictions『伯爵のおるすばん』チラシビジュアル
Mrs.fictions『伯爵のおるすばん』チラシビジュアル
Mrs.fictions『伯爵のおるすばん』チラシ裏面
Mrs.fictions『伯爵のおるすばん』チラシ裏面
Mrs.fictions ロゴ
Mrs.fictions ロゴ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開