倍賞千恵子が市川実日子に離婚告げる 西炯子原作『初恋』初日決定&予告編

映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の公開日が5月10日に決定。発表とあわせて予告編が公開された。

原作は『娚の一生』『姉の結婚』などを手掛けてきた西炯子の漫画『お父さん、チビがいなくなりました』。結婚して44年の夫・勝と飼い猫・チビと暮らしている有喜子が、長年抱えてきた不安から離婚を決意する中で、心の拠り所だったチビが姿を消してしまう、というあらすじだ。有喜子役を倍賞千恵子、勝役を藤竜也が演じるほか、市川実日子、佐藤流司、小林且弥、優希美青、濱田和馬、吉川友、小市慢太郎、西田尚美、星由里子がキャストに名を連ねている。

予告編では有喜子と勝の50年前の出会いの場面をはじめ、市川実日子演じる娘・菜穂子が有喜子から「別れようかなと思うの、お父さんと」と告げられる様子、有喜子がチビを探す場面、勝が有喜子から「離婚してください」と言われるシーンなどが確認できる。予告編にあわせて新たなビジュアルも公開された。

作品情報

『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』

2019年5月10日(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:小林聖太郎 脚本:本調有香 原作:西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」(小学館フラワーコミックスα刊) 出演: 倍賞千恵子 藤竜也 市川実日子 佐藤流司 小林且弥 優希美青 濱田和馬 吉川友 小市慢太郎 西田尚美 星由里子 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 倍賞千恵子が市川実日子に離婚告げる 西炯子原作『初恋』初日決定&予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて