一族全員が容疑者 映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』予告編公開

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』の予告編が公開された。

4月19日から公開される同作は、アガサ・クリスティの小説『ねじれた家』を初映画化したもの。無一文から巨万の富を築いた大富豪の毒殺事件を巡って容疑者となった「心のねじれた」一族の人間模様を描く。大富豪一族のイーディス役にグレン・クローズ、事件の真相を追う私立探偵チャールズ役にマックス・アイアンズがキャスティング。監督はジル・パケ=ブレネールが務めた。

公開された予告編には「この『ねじれた家』こそ、私の最高傑作。」というアガサ・クリスティーの言葉をはじめ、チャールズの元を訪れた大富豪の孫娘ソフィアが「祖父が殺されたの」と告白する姿、後妻のブレンダが「皆私を犯人にしたいのよ」と口にする様子、イーディスが銃を構える場面や、食卓についた一族とチャールズを前に「それならうちの一族全員が容疑者ね」と笑うシーンなどが映し出されている。

作品情報

『アガサ・クリスティー ねじれた家』

2019年4月19日(金)から角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督:ジル・パケ=ブレネール 脚本:ジュリアン・フェロウズ、ジル・パケ=ブレネール、ティム・ローズ・プライス 原作:アガサ・クリスティ『ねじれた家』(ハヤカワ文庫) 出演: グレン・クローズ テレンス・スタンプ マックス・アイアンズ ステファニー・マティーニ ジリアン・アンダーソン クリスティーナ・ヘンドリックス ほか 上映時間:115分 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 一族全員が容疑者 映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』予告編公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて