池松壮亮がプラネタリウム作品のナレーション 音楽はharuka nakamura

池松壮亮がナレーションを務めるプラネタリウム作品『Milky Way & The Moon -忘れられない、天の川へ-』が、3月14日から東京・池袋のコニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine Cityで上映される。

3月20日に同施設が開業15周年を迎えることを記念して上映される同プログラム。特に深い食分だったと言われる2000年の夏の夜に起きた月食を再現する。「音や視覚全般から得られる心地よさ」を意味する「ASMR」の発想を取り入れて制作されているほか、NEAL'S YARD REMEDIESのアロマが空間を演出する。

音楽は全編にわたってharuka nakamuraが書き下ろしのオリジナル楽曲を提供。さらにAimerの楽曲をharuka nakamuraがリミックスした“AM02:00 (haruka nakamura La Nuit remix)”、“ポラリス(haruka nakamura ursa remix)”も使用される。

公開されている予告編は、人間の頭部や耳の構造を模したダミーヘッドマイクを用いて収録。池松のナレーションも使用されている。英語副音声のナレーションはシンガーソングライターのLUCAが担当。

イベント情報

『Milky Way & The Moon -忘れられない、天の川へ-』

2019年3月14日(木)〜 会場:東京都 池袋 コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City 料金:一般シート1,700円 芝シート3,900円 雲シート4200円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 池松壮亮がプラネタリウム作品のナレーション 音楽はharuka nakamura

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて