目黒の一軒家で上演、劇団子供鉅人の各回15人限定舞台『家公演 SF家族』

劇団子供鉅人の新作舞台『家公演 SF家族』が、4月1日から東京・目黒のrusuで上演される。

2005年に益山貴司、寛司兄弟を中心に結成された劇団子供鉅人。バンドが生演奏する音楽劇や、実際の家屋を舞台にした「家公演」シリーズなど様々な作品を発表している。

『家公演 SF家族』は、会場となる一軒家のrusuを宇宙船に見立て、ある家族の物語を描く作品。「外宇宙」へ向かう引っ越しの旅に出たシキシマ一家に、「AIママ」の反乱、ワープごとのタイムスリップ、娘と異星人の恋といった出来事が起こるというあらすじだ。劇団子供鉅人が「家公演」を行なうのは約7年ぶりとのこと。

作と演出は益山貴司、声の出演はうらじぬの、サウンドデザインはoono yuuki。キャストはAとBの2パターンとなり、A公演はキキ花香、益山貴司、益山寛司、影山徹、B公演はキキ花香、益山貴司、億なつき、古野陽大がそれぞれ出演する。A公演は4月1日から4月7日、4月18日から4月23日、B公演は4月9日から4月16日、4月25日から4月29日まで実施。各公演の観客は15人限定となる。

『家公演 SF家族』の特設サイトではチケットの予約を受付中。

イベント情報

劇団子供鉅人
『家公演 SF家族』

2019年4月1日(月)~4月29日(月・祝)全46公演 会場:東京都 目黒 rusu
作・演出:益山貴司 出演: キキ花香 益山寛司 影山徹 古野陽大 億なつき 声の出演:うらじぬの 定員:各回15名 料金:4月1日~4月16日3,500円 4月18日~4月29日4,000円 ※未就学児童は入場不可
  • HOME
  • Stage
  • 目黒の一軒家で上演、劇団子供鉅人の各回15人限定舞台『家公演 SF家族』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて