樹木希林、最初で最後の企画映画 浅田美代子主演『エリカ38』6月公開

映画『エリカ38』が6月7日から東京・日比谷のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

樹木希林が最初で最後に自身で企画した映画となった同作は、色香で男たちを惑わし、話術で女たちをたぶらかして金を巻き上げ、異国の街で逮捕された自称38歳の「エリカ」こと渡部聡子の姿を描いた作品。実際の事件をモチーフに制作された。

主演を務めるのは浅田美代子。樹木が彼女の代表作になってほしいと企画し、1974年の『しあわせの一番星』以来、約45年ぶりの主演映画となった。エリカと関係を結び、架空の投資話で金を搾取することを指示する愛人・平澤育男役を平岳大が演じるほか、窪塚俊介、山崎一、山崎静代、小籔千豊、小松政夫、古谷一行、木内みどりらが共演者に名を連ねる。樹木希林もエリカの母親役で出演している。

監督・脚本は日比遊一。製作総指揮を奥山和由が務めた。

作品情報

『エリカ38』

2019年6月7日(金)からTOHOシネマズシャンテほか全国公開
出演: 浅田美代子 平岳大 窪塚俊介 山崎一 山崎静代 小籔千豊 WORAPHOP KLAISANG 菜 葉 菜 鈴木美羽 佐伯日菜子 真瀬樹里 中村有志 黒田アーサー 岡本富士太 小松政夫 古谷一行 木内みどり 樹木希林 上映時間:103分 配給:Katsu-do
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 樹木希林、最初で最後の企画映画 浅田美代子主演『エリカ38』6月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて