ニュース

『イスラーム映画祭』に12作品 イエメン舞台の映画や初の米映画上映も

『わたしはヌジューム、10歳で離婚した』
『わたしはヌジューム、10歳で離婚した』

上映企画『イスラーム映画祭4』が、3月16日から東京・渋谷のユーロスペースで開催される。

「異文化理解の場」の創出をテーマに、イスラームの文化が広まった国や地域を舞台にした映画を上映する『イスラーム映画祭』。4回目の開催を迎える今回は、昨年12月に停戦合意が交わされるも、2015年から激化した内戦の影響で人道危機が続くイエメンを舞台にした映画をメインプログラムとして取り上げる。

上映作品には、内戦にまつわる2本のドキュメンタリー映画『イエメン:子どもたちと戦争』『気乗りのしない革命家』、「児童婚」をテーマにした作品『わたしはヌジューム、10歳で離婚した』のほか、シリアからトルコに逃れた少年たちを描く『その手を離さないで』、インドを舞台に地元サッカーチームとナイジェリアから招聘した選手の交流を描く『ナイジェリアのスーダンさん』、昨年に日本公開された『判決、ふたつの希望』、同映画祭初のアメリカ映画上映となる『幸せのアレンジ』など12作品がラインナップ。『わたしはヌジューム、10歳で離婚した』は日本初公開となる。会期中はトークセッションの開催も予定されている。

なお『イスラーム映画祭4』は3月30日から愛知・名古屋シネマテーク、4月27日から兵庫・神戸の元町映画館でも開催される。タイムテーブルの詳細は『イスラーム映画祭4』のオフィシャルサイトで確認しよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る 1

    「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る

  2. 藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇 2

    藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇

  3. 藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開 3

    藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開

  4. Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』 4

    Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』

  5. 木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」 5

    木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」

  6. 村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに 6

    村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに

  7. 佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信 7

    佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信

  8. 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM 8

    深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM

  9. 芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら 9

    芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら

  10. NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る 10

    NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る