ニュース

『人間失格』を近未来SFにリメイク 映画『HUMAN LOST』主演声優は宮野真守

アニメーション映画『HUMAN LOST 人間失格』が、2019年に全世界で公開される。

同作は、太宰治の『人間失格』をもとに、医療革命で「死」を克服した昭和111年の東京を舞台にした近未来SF作品としてリメイクするもの。体内の「ナノマシン」とそれらを管理する「S.H.E.L.L.」体制の支配によって人々が120歳の寿命を保証され、無病長寿を約束された世界において、大気汚染の広がる「環状16号線外」で薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる男・大庭葉藏が主人公となる。謎の男・堀木正雄と共に特権階級が住む「環状7号線内」への突貫に参加して闘争に巻き込まれた葉藏が、不思議な力を持った少女・柊美子に命を救われ、自身もまた人とは違う力を持つことを知る、というあらすじだ。

スーパーバイザーを務めるのは『踊る大捜査線』『PSYCHO-PASS サイコパス』などの本広克行。監督を『アフロサムライ』『BAYONETTA Bloody Fate』などを手掛けた木崎文智、脚本を小説家・冲方丁、キャラクターデザインをコザキユースケ、コンセプトアートを富安健一郎が担当する。アニメーション制作は『GODZILLA』などのポリゴン・ピクチュアズ。

主人公・大庭葉藏役の声優を務めるのは宮野真守。宮野は「本作は、最新の映像技術を駆使した痛快なアクションの中に、日本人だからこその精神性、わびさびのある世界観が展開される、まさに日本人にしか作れないエンターテイメント作品です。世の中に翻弄され、『生』と『死』のなんたるかを突きつけられ、苦しみながら、それでも進んでいく葉藏の姿から、皆様にも是非、『生きる』とはどういう事か、感じていただきたいです」とコメントしている。

今回の発表とあわせてティーザービジュアル、ティーザーPVが公開された。ティザーPVでは「恥の多い生涯をおくってきました」というセリフが確認できる。

宮野真守のコメント

誰もが知る、太宰治の傑作「人間失格」を原案とした、日本発のダークヒーローが誕生しました!
本作は、最新の映像技術を駆使した痛快なアクションの中に、日本人だからこその精神性、わびさびのある世界観が展開される、まさに日本人にしか作れないエンターテイメント作品です。
世の中に翻弄され、「生」と「死」のなんたるかを突きつけられ、苦しみながら、それでも進んでいく葉藏の姿から、皆様にも是非、「生きる」とはどういう事か、感じていただきたいです。
公開をお楽しみに!

本広克行のコメント

この著名な文学作品を近未来SFへ置き換えるにあたり、世界観に「現代」を反映させるための設定を幾つか提案しました。その後、脚本の冲方さんと木崎監督が作品にドライブをかけ、現場を支えて下さったスタッフの皆さんと共に長い長い道のりを踏破して遂にここまで辿り着いた事へ、心から敬意を表します。まさに今、われわれが直面している問題の数々が織り込まれた、見応えのある作品になっているので、ご期待ください。

木崎文智のコメント

近代古典文学『人間失格』を“SFエンタテイメント作品”として再構築する。
「そんな事が可能なのだろうか」と、先の見えない深い靄の中を踠きながらの作業でもありました。
多くのスタッフの尽力で制作した本作『HUMAN LOST 人間失格』も、原典と同じく多くの方々の心に刺さってくれる事を切に願っております。

冲方丁のコメント

日本の古典文学をSFアクションとして再継承する試みはしばしばみられますが、本企画は中でも一段突きつけたものとなった、という予感を抱いています。
実際どうであるかは視聴者や後世の批評家に判断を委ねるばかりですが、文芸サイドの担当者としては、多くの日本人が心の底で無意識に継承する社会的ビジョンを鋭く切り抜いた作品になったと感じています。
「人間を失格する」という今なお刺激的な言葉の向こう側で我々が見出したもう一つの日本の未来を、どうか御覧下さい。

コザキユースケのコメント

アニメーション映画『GODZILLA』三部作に引き続き、ポリゴン・ピクチュアズさんでの作品に参加させて頂き、大変嬉しく思います。今作、素晴らしい実績のスタッフの皆様と共に、観た事が無いような種類の迫力や不穏さをお届け出来るかと思います。是非、お楽しみにしてください。

富安健一郎のコメント

この作品の世界観表現(コンセプトアート)は、過去の中に未来を探すような冒険の旅でした。
見たことのない完璧な世界を探して、不完全な世界観に限界まで攻めこみました。
現代をサヴァイブする人に、この欠落(ロスト)した世界にジャックインして欲しいです。

『HUMAN LOST 人間失格』ティザービジュアル ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』ティザービジュアル ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
『HUMAN LOST 人間失格』 ©2019 HUMAN LOST Project
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密