コンドルズ×埼玉の新作公演『Like a Virgin』さいたま芸術劇場で5月上演

コンドルズの新作舞台『コンドルズ埼玉公演2019新作「Like a Virgin」』が、5月11日と12日に埼玉・さいたま芸術劇場 大ホールで上演される。

1996年に近藤良平を中心に結成された男性のみのダンスカンパニー・コンドルズ。トレードマークの学ラン姿でダンスやコント、映像、人形劇、生演奏、影絵などを展開している。

同公演は、コンドルズが2006年から毎年行なっている彩の国さいたま芸術劇場での新作シリーズ公演の13作目。公演名は1984年に発表されたMadonnaの同名楽曲から採られており、「ライク・ア・ヴァージン」の心で新作に挑むという。

近藤は同劇場での新作作りについて「稽古場が広く、アイデアを形にできる環境が整った埼玉での創作は、その年のコンドルズを左右する大事な時間」とコメント。チケットは現在販売中だ。

なお昨日4月1日から埼玉公演のオフィシャルInstagramアカウントが開設されている。

イベント情報

『コンドルズ埼玉公演2019新作「Like a Virgin」』

2019年5月11日(土)、5月12日(日)全3公演 会場:埼玉県 さいたま芸術劇場 大ホール
演出・振付:近藤良平 出演: コンドルズ 石渕聡 オクダサトシ 勝山康晴 香取直登 鎌倉道彦 ぎたろー 黒須育海 古賀剛 小林顕作(声の出演) ジントク スズキ拓朗(映像出演) 橋爪利博 藤田善宏 安田有吾 山本光二郎 近藤良平 料金: 一般 S席5,000円 A席3,500円 U-25 S席3,000円 A席2,000円 SAFメンバーズ S席4,500円 A席3,200円 ※当日券はプラス500円
  • HOME
  • Stage
  • コンドルズ×埼玉の新作公演『Like a Virgin』さいたま芸術劇場で5月上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて