ニュース

RAMMELLSの新AL『Mirrors』本日発売、松重豊が出演するPV曲など全10曲

RAMMELLS『Mirrors』ジャケット
RAMMELLS『Mirrors』ジャケット

RAMMELLSのニューアルバム『Mirrors』が本日4月3日にリリースされた。

RAMMELLSにとって2枚目のフルアルバムとなる同作には、松重豊が出演するPVのショートバージョンが公開中の“真っ赤な太陽”など全10曲を収録。同PVで松重は、黒田秋子(Vo)のボーカルにあわせたリップシンクに初挑戦している。

5月には初の全国ツアー『Mirrors release tour』を開催。5月2日に宮城・仙台のLIVE HOUSE enn 2nd、7日に東京・代官山のUNIT、8日に愛知・名古屋のCLUB UPSET、9日に大阪・心斎橋のCONPASS、11日に福岡・grafで公演を行なう。チケットの一般販売は4月6日10:00からスタート。

松重豊のコメント

「Mirrors」は素晴らしいアルバムなので、これが2019年RAMMELLSの起爆剤になって頂きたいな。と思っていた所に、こういう指名を受けまして光栄でございます。
リップシンクのシーンについて
どれくらいやればいいかわからないので、ちょっと口を開きすぎたかな?と思って反省しておりますけれども、仕上がりが楽しみです。

バンドの一員の様に一瞬だけでも思わせていただいた事がなにより喜びでございます。MVに参加できて本当に楽しかったです。是非みなさんも、この曲を聴いて楽しんで下さい!

黒田秋子(Vo)のコメント

真っ赤な太陽、渾身のMVが出来上がりました。このMVに関わってくれた全ての人に感謝です。今回はメンバーが日頃から尊敬している俳優、松重豊さんに出演していただいてます。とても特別な経験。後半のバンドショットもお気に入り。
バンドって、やればやるほど面白くなることばっかりです。これからもろくでもない、愛しい毎日をみんなと共に生きていけたらいいなという気持ち。またライブで会いましょう。よろしくお願いします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開