伊藤彩とリチャード・ゴーマンの展覧会『Sea Both Sides』、ヒカリエで開催

伊藤彩とリチャード・ゴーマンの展覧会『Sea Both Sides − Nothing can be everything, everything can be nothing』が、4月22日まで東京・渋谷ヒカリエの8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryで開催されている。

1987年に和歌山で生まれた伊藤彩と、1946年にアイルランド・ダブリンで生まれたリチャード・ゴーマン。同展の企画は、2人がゴーマンの地元であるダブリンで出会ったことをきっかけにスタートしたという。展覧会のタイトルである『Sea Both Sides』はゴーマンが付けたもの。共に海に囲まれた島で生まれ育ったこと、アトリエが海の近くにあるという共通点から名付けられたという。サブタイトルは2人の作品の関係性を表したものとのこと。

ゴーマンは伊藤の作品について「彼女は他のアジアの若い作家の中でも、卓越した色彩感覚をもっているアーティストだ。私はとくに彼女の大きな作品を気に入っている」と評している。

なお4月6日からはゴーマンの個展『リチャード・ゴーマン「形情」』が、神奈川・茅ヶ崎市美術館で開催される。

イベント情報

『Sea Both Sides − Nothing can be everything, everything can be nothing』

2019年4月4日(木)~4月22日(月) 会場:東京都 渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery 時間:11:00~20:00 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 伊藤彩とリチャード・ゴーマンの展覧会『Sea Both Sides』、ヒカリエで開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて