ニュース

『CROSSING CARNIVAL'19』第6弾発表で曽我部恵一、HAKASE-SUN、木暮晋也

『CROSSING CARNIVAL'19』ビジュアル
『CROSSING CARNIVAL'19』ビジュアル

CINRA.NETによるライブイベント『CROSSING CARNIVAL'19』の第6弾出演アーティストが発表された。

『CROSSING CARNIVAL』は、ここでしか見られないコラボレーション、演出、ハプニングといった企画性を重視したライブイベント。4回目を迎える今回は、5月18日に東京・渋谷のTSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、WOMB LIVE、TSUTAYA O-nestの5会場で同時開催される。

新たに出演が明らかになったのは曽我部恵一、HAKASE-SUN、木暮晋也。3者は『CROSSING CARNIVAL'19』内で実施するフィッシュマンズのトリビュート企画の一環で、Emeraldによるフィシュマンズ・トリビュートバンドに参加する。

フィシュマンズ・トリビュートバンドはEmeraldの楽器陣をバックにHAKASE-SUN、木暮晋也といったフィッシュマンズにゆかりのあるミュージシャンを招いたパフォーマンスを披露するもの。Emeraldのボーカリストである中野陽介をはじめ、曽我部恵一、崎山蒼志などのゲストボーカルがフィッシュマンズの楽曲をカバーする。曽我部は同企画のみでの出演となり、崎山は自身のライブセットでも出演する。

さらにフィッシュマンズのトリビュート企画として、Polaris、Yogee New Waves、Analogfish、bonobos、ミツメ、betcover!!といったアーティストがそれぞれのステージでフィッシュマンズのカバーを披露する。

今回の発表とあわせて曽我部恵一、HAKASE-SUN、木暮晋也のコメントが到着。チケットの一般販売は明日4月6日10:00からスタートする。

木暮晋也のコメント

佐藤伸治が亡くなって20年。
その音楽が愛され続け色褪せる気配すら無いこんな状況が
天まで届いてればいいなぁ。
体に染み付いたフィッシュマンズのナンバーは
質のいい爆音で聴いたり鳴らしたりしたいものです。
「CROSSING CARNIVAL'19」はそんな絶好のタイミング、
僕もリスペクトな気持ちと共に思いっきり楽しみたいです。
木暮晋也(ヒックスヴィル)

曽我部恵一のコメント

フィッシュマンズの曲はシンプルで覚えやすい。
とことんまで突き詰めたスリーピースバンドだと思う。
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)

HAKASE-SUNのコメント

俺たちのフィッシュマンズを愛する若い人たちが会するイベントが行われるらしい。なんて素敵な話だろう?
企画してくれた皆さん、喜んで賛同してくれたバンドの方々に心から拍手を送りたい。
あの頃はとにかく「がむしゃら」に演っていた。先のことなんて何にも考えなかった。
フィッシュマンズの音楽や詞は、絵に描いた餅ではない。あの日々を取り巻く葛藤、刹那、アイロニーそして喜怒哀楽を全てひっくるめて
只々がむしゃらに、ひた走っていた。
今でも、その歌、その音は作品は、背筋がぞっとするほどのリアリティに満ちていると感じる。
5月18日、そんなあの頃の気持ちが蘇ることを願いつつ。
Emeraldのステージで参加させてもらいます、どうぞヨロシク!!
HAKASE-SUN(フィッシュマンズetc.)

木暮晋也
木暮晋也
HAKASE-SUN
HAKASE-SUN
曽我部恵一
曽我部恵一
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察