荒木悠の新作映像展が資生堂ギャラリーで開催、ロティの日本紀行文に注目

『荒木悠展:LE SOUVENIRS DU JAPON ニッポンノミヤゲ』が、6月23日まで東京・銀座の資生堂ギャラリーで開催されている。

1985年に山形で生まれた映像作家・荒木悠。文化の伝播と誤訳、その過程で生じる差異や類似などに着目し、社会や歴史を背景にした映像作品を制作している。

『荒木悠展:LE SOUVENIRS DU JAPON ニッポンノミヤゲ』では、明治期に日本を訪れて紀行文を残したフランスの作家ピエール・ロティと、その著作『秋の日本』に注目した作品を展示している。「西洋と東洋」の交差や過去と現在のズレに着目し、映像には映らない「風景」を描写することを試みた作品だという。

イベント情報

『荒木悠展:LE SOUVENIRS DU JAPON ニッポンノミヤゲ』

2019年4月3日(水)~6月23日(日) 会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー 時間:11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00 休館日:月曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 荒木悠の新作映像展が資生堂ギャラリーで開催、ロティの日本紀行文に注目

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて