ニュース

のんの初ミニAL『ベビーフェイス』6月発売、渋谷WWW Xでリリースライブも

のんのミニアルバム『ベビーフェイス』が6月12日にリリースされる。

のんにとって初のミニアルバムとなる同作には、のんが作詞作曲を手掛けた3曲に加えて、アーティストとタッグを組んだ楽曲など、ボーナストラック1曲を含む全6曲を収録。20ページの撮り下ろしブックレットが付属するほか、ファンクラブ向けの特典付きCDセットも販売予定だ。自身のレーベル「KAIWA(RE)CORD」からリリースされる。

6月16日には東京・渋谷のWWW Xでリリースライブ『のん“ベビーフェイス”ライブ!』を開催。チケットのオフィシャル先行抽選予約は4月14日まで受け付けている。

のんは同作について「今回は、私の青春そのものと言っても過言ではない憧れのあの方々…との楽曲を中心にして、私も曲を書き下ろしました」「のんの、令和・初音源、お楽しみに!」とコメントを寄せている。

のんのコメント

のん初のミニアルバム、リリースします。
ベビーフェイス、なんだかワクワクするタイトルです。のんは、赤ちゃんみたいと言っていただけたり、十代に見えるといっていただけたりします。実際、子供のように楽しむのが好きです!そんなベビーなやつの頭の中、胸の内、が詰め込まれているようなミニアルバムになっていると思います。
多分、みんなも感じたことあるような事なんじゃないかなあ。早く聴いてほしい!

今回は、私の青春そのものと言っても過言ではない憧れのあの方々…との楽曲を中心にして、私も曲を書き下ろしました。(去年からライブで披露していたあの曲も)シングルで出そうかどうしようか迷っていた時に、ミニアルバムという手もある、とスタッフが気づいてくれて、それにしよう!と決めたこのリリース。
実は私は、ミニアルバム、のことが全くわかっていなかった…。どこからがミニなのか、曲数に悩むというそんなところからスタートしました。この話はただの雑談なのですが、なんだかみんなと分かち合いたい、そんな気持ちです。ミニアルバム…とは…
4曲だとのん1stシングルと同じ曲数だし5曲だとそんなに変わらない…7~8曲だと多いだろうから…うん、やっぱりこの5+1がいいですね。
それでは、のんの、令和・初音源、お楽しみに!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開