映画『卒業 4Kデジタル修復版』『小さな恋のメロディ』6月にリバイバル上映

映画『卒業 4Kデジタル修復版』と『小さな恋のメロディ』が、6月7日から東京・角川シネマ有楽町ほか全国でリバイバル上映される。

1967年に公開されたダスティン・ホフマンの出世作『卒業』は、将来への不安を抱えるエリート青年が人妻と不倫の末、その娘と恋に落ちる様を描いた作品。Simon & Garfunkelによる挿入歌“The Sound of Silence”で知られる。

Bee Geesが主題歌“Melody Fair”を歌う『小さな恋のメロディ』は、イギリス・ロンドンのパブリックスクールを舞台に、惹かれ合う11歳のダニエルとメロディの視点から初恋を描いた1971年の作品。デジタルリマスター版で上映される。

作品情報

『卒業 4Kデジタル修復版』

2019年6月7日(金)から角川シネマ有楽町ほか全国で公開
監督:マイク・ニコルズ 脚本:バック・ヘンリー、カルダー・ウィリンガム 原作:チャールズ・ウェッブ『卒業』 音楽:ポール・サイモン、デイヴ・グルーシン 出演: ダスティン・ホフマン アン・バンクロフト キャサリン・ロス 上映時間:107分 配給:KADOKAWA
作品情報

『小さな恋のメロディ』

2019年6月7日(金)から角川シネマ有楽町ほか全国で公開
監督:ワリス・フセイン 脚本:アラン・パーカー 音楽:Bee Gees、Crosby, Stills, Nash & Young 出演: マーク・レスター トレイシー・ハイド ジャック・ワイルド 上映時間:106分 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『卒業 4Kデジタル修復版』『小さな恋のメロディ』6月にリバイバル上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて