新たな音楽サブスクサービス「HMVmusic」が本日スタート 4000万曲提供

新たな音楽サブスクリプションサービス「HMVmusic powered by KKBOX」が本日4月15日からサービスを開始した。

株式会社ローソンエンタテインメントがKKBOX Japan合同会社の協力のもとで立ち上げた「HMVmusic powered by KKBOX」。スマートフォンやタブレットなどで音楽を聴くことのできる月額定額制の音楽ストリーミングサービスとなり、4000万曲を超える楽曲と5000以上のプレイリストを提供する。月額料金は980円。サービス利用開始月は無料となる。

プレイリストにはHMVのバイヤーが選曲するキュレーション型プレイリストに加え、仲井戸“CHABO”麗市をはじめとするミュージシャンが作成するものも順次提供される。今後はユーザーが作成したプレイリストのシェアやパーソナライズド機能、レコメンド機能などのリリースも予定。店舗やライブ会場といった場所やフィジカル商品との連動も行なっていくという。

本日から同サービスでは超特急の新曲“Hey Hey Hey”の先行配信がスタート。“Hey Hey Hey”を収めた6月10日発売のシングルとHMVの店舗を連携したキャンペーンも予定されている。

  • HOME
  • Music
  • 新たな音楽サブスクサービス「HMVmusic」が本日スタート 4000万曲提供

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて