ニュース

『愛がなんだ』公開間近、原作者・角田光代のコメント&新場面写真が到着

『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会

今泉力哉監督の映画『愛がなんだ』に寄せた、原作者・角田光代のコメントが到着。あわせて新たな場面写真が公開された。

4月19日から公開される同作は、角田光代の同名小説が原作。一目惚れしたマモルを一途に追いかけ、自分の時間を全てマモルに捧げるも、都合のいい女だと思われていることを自覚している28歳のOL・テルコと、彼女を取り巻く様々な人物を描く恋愛群像劇だ。テルコ役を岸井ゆきの、マモル役を成田凌が演じる。

公開された角田光代のコメントは、映画について感じた想いを原作者の視点で綴ったもの。「自分が三十歳のとき、もう若くないと思っていたけれど、今思えばとんでもなく若い。若さとはこんなにも寄る辺なく孤独で、同時にこんなにも頑丈なものだったんだ。そして、その孤独も強さも、すごくきれいなものだったんだな、と、この映画を見て知った」と結ばれている。

公開された場面写真では、テルコ役の岸井ゆきの、マモル役の成田凌をはじめ、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこらメインキャスト陣の劇中での姿が確認できる。

なおTOKYO FMの番組『三井ホーム presents キュレーターズ ~マイスタイル×ユアスタイル~』では、4月19日、27日、5月3日の3回にわたって岸井ゆきの、角田光代が出演。恋愛にまつわる対談を繰り広げる。

角田光代のコメント

さみしくてきれい
だれかを熱病のように思う気持ちを、「恋」とひとくくりにして呼ぶけれど、その恋にはいろんな種類がある。そもそも好きになる理由も異なる。自分と似ているから好きになる、自分と違うから好きになる。相手の弱さを見て好きになる、相手のようになりたいから好きになる。

映画『愛がなんだ』に登場するテルちゃんが、なぜ田中守をこんなにも好きになったのか、ひりひりするくらいわかって、苦しかった。マモちゃんがかっこいいからじゃない、気が合うからでもない。テルちゃんは同化しちゃったんだ、と思った。みずから知らずに抱えてしまったこんな暴力的な恋は、テルちゃんにとってもはじめてだったろう。

そしてテルちゃんだけではなく、マモちゃん、葉子、ナカハラくん、すみれさん、みんな、自分の抱えた何かを持て余して、しずかに振りまわされていて、なんてまっすぐな人たちだろう。「何か」はきっと若さだ。自分が三十歳のとき、もう若くないと思っていたけれど、今思えばとんでもなく若い。若さとはこんなにも寄る辺なく孤独で、同時にこんなにも頑丈なものだったんだ。そして、その孤独も強さも、すごくきれいなものだったんだな、と、この映画を見て知った。

『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』 ©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
画像を拡大する(20枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談