藤森照信が磯崎新、隈研吾らの茶室案内、月刊『なごみ』 小特集にV6長野博

雑誌『なごみ』が4月26日に刊行される。

『なごみ』は「茶のあるくらし」をテーマに据えて、茶道を中心に美術や建築、伝統芸能などの日本文化を紹介する雑誌。5月号では「フジモリ先生が案内する建築家たちの茶室」と題し、藤森照信が磯崎新、隈研吾、堀口捨己、村野藤吾ら建築家たちが手掛けた茶室を紹介する。藤森照信が「フジモリ茶室」で建築家・平田晃久と「茶室のこれから」を考える対談も掲載される。

小特集には、V6の長野博が京都・樂美術館で茶の湯のための器「樂茶碗」にふれる体験記を掲載。詳細は『なごみ』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 藤森照信が磯崎新、隈研吾らの茶室案内、月刊『なごみ』 小特集にV6長野博

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて