ニュース

大原櫻子がドラマ初主演&初主題歌 『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』7月放送

『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」

連続ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』が7月からテレビ東京で放送される。

Paraviとテレビ東京グループによる連続ドラマ「ドラマパラビ」の新作となる同作の主人公は、水に濡れると過去にタイムリープできるという特殊能力を持つ女子大生・水野羽衣。特殊能力を生かして「びしょ濡れ探偵」として事件を解決へと導くというあらすじだ。脚本はブルー&スカイが手掛ける。

実家であるラブホテルの一室で兄が営む探偵事務所を手伝う羽衣役に、ドラマ初主演となる大原櫻子がキャスティング。ドラマ主題歌も今回初めて担当する大原は撮影について「大変!です・・・ね!(笑) 何よりも寒いです!バケツ一杯の水を毎日かぶっております。寒いから、お湯をかぶりたい気持ちですが、作品上湯気は出せませんので、冷たさと毎日戦っています」とコメントを寄せている。

大原櫻子のコメント

出演オファーを受けた時の想い、台本を読んだ感想
企画書を拝見した時、水野羽衣の「水を差すようですが…」という決め台詞が目に飛び込んできました。今まで演じてこなかった、「凛としていてかっこいい女性を演じられる!」と喜んでいましたが、台本を読み、いろんな表情のある羽衣ちゃんにもっと魅力を感じました。
水野羽衣はどんな人物か?
正義感と、人一倍ある優しさを意識しています。
家族や友達と会っている時と、事件解決に向かう時は、まるで別人の内面を持っている女の子です。
撮影について
大変!です・・・ね!(笑) 何よりも寒いです!バケツ一杯の水を毎日かぶっております。寒いから、お湯をかぶりたい気持ちですが、作品上湯気は出せませんので、冷たさと毎日戦っています。
視聴者へのメッセージ
今まで見たことのない探偵ドラマ。笑って、笑って、笑えるドラマです!(笑)
真剣にふざけています。面白すぎて、たぶん、出演したくなります。お楽しみに!

藤野慎也プロデューサー(テレビ東京)のコメント

今までに絶対に見たことがない、前代未聞!?空前絶後!?の探偵ドラマを視聴者の皆様にお届けできると思うと、今から本当にうれしい気持ちで一杯です!何が新しいかと言うと、いろいろあるのですが、何といっても主人公が毎話水をかけられたり、自ら水をかぶったりして、びしょ濡れになりながら物語が進むドラマって絶対に見たことないと思います!問題は、主人公をどなたに演じていただくか、でした。映画「あの日のオルガン」を観て、映画自体も涙が止まらない素晴らしい作品だったのですが、その中でも俳優・大原櫻子さんの演技に感銘を受けました。大原さんに水野羽衣を演じてもらいたい、でもびしょ濡れで演じていただくのは体力的に相当な負担になる…。期待と後ろめたさを抱えてオファーしましたが、予想に反して快諾のお返事!後日大原さんから、「濡れることを心配してもらうことはないですよ!こんなに内容が面白いですし!」と言っていただきました。とはいえ、タイトな撮影スケジュールに加えてびしょ濡れでの撮影は、相当きつかったと思います。しかしながら大原さんはきつい様子は一切見せず、ドラマを面白くしたいという一心で他出演者とともに試行錯誤しながら、楽しそうに撮影に挑まれていた姿が印象的でした。大原櫻子さんをはじめとした出演者、脚本、監督そして全てのスタッフが、“新しくて面白いドラマを作る!”という高い目標を持ち、毎日笑いが絶えない撮影現場でドラマを作り上げていきました。私たちの情熱が詰め込まれた「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」是非ご覧ください!

『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』 ©「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」製作委員会」
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影