ニュース

Sawagiが解散を発表、Gt観音の脱退に伴い 10月に4都市ラストツアー

Sawagi
Sawagi

Sawagiが解散することを発表した。

発表によると、メンバーの観音(Gt)が脱退を表明したことを受けて、今後の活動について検討し、解散という結論に至ったとのこと。観音は「自分がこれからの人生、音楽以外に何が出来るか、どこまで出来るかを試したいという気持ちと、自分中心に考えて行動してきたこれまででしたが、もっと自分の周りの人を幸せにしたい、幸せな顔を近くで見たいという気持ちが強くなり、それを実現するため、現在の東京から地元関西への移住を決めました」とコメント。移住してからもバンドを続けることも考えたが、「自分の周りの’これからの事’にしっかり集中するため、脱退を決めました」としている。

またバンドは「また形を変えて戻ってくる事もあるかもしれませんがSawagiとしての活動はここで終わりにしようという事となりました」と説明しているほか、「最後にライブツアーを開催する事を決めました。全員で燃え尽きます。楽しみです」とコメントしている。

ラストツアー『Sawagi Farewell Tour 2019』は、10月9日の福岡・Kieth Flack公演を皮切りに、広島・Back Beat、大阪・梅田のShangri-La、東京・新代田のFEVERを巡る。各公演でゲストの出演を予定している。チケットの先行予約は5月19日10:00から受付開始。

Sawagiは4人組のインストゥルメンタルバンド。 2009年に1stアルバム『hi hop』を発表し、同年の『SUMMER SONIC』に出演。2011年に大阪・BIGCATで主催イベント『Mitole』を開催後、拠点を関西から東京に移した。昨年には約3年ぶりのアルバム『Kabo Wabo』を発表している。

観音(Gt)のコメント

Sawagiのギター観音です。
突然のご報告となりますが、この度Sawagiを脱退することを決心致しました。

自分がこれからの人生、音楽以外に何が出来るか、どこまで出来るかを試したいという気持ちと、自分中心に考えて行動してきたこれまででしたが、もっと自分の周りの人を幸せにしたい、幸せな顔を近くで見たいという気持ちが強くなり、それを実現するため、現在の東京から地元関西への移住を決めました。

遠距離でバンドを続けることも、もちろん考えました。
しかし音楽を続けながら何かをする、何かを続けながら音楽をする、というのは自分が不器用な事もあり、ストレスやプレッシャーに変わる気もしていました。
音楽、バンドには何度も助けられましたが!!!

自分の周りの’これからの事’にしっかり集中するため、脱退を決めました。

思い返すとSawagiというバンドを始めた時は、まさかボーカルの無いインストバンドをやるなんて思ってもみませんでした。
探り探りの中で皆で音を作り上げていくのは大変かつ、それはそれは楽しい作業でした。

ありがたい事に、日本全国を周らせていただき、素敵な人たちに出会えたこと、皆さんの前で演奏できたことは僕の一生の宝物です。
さらには南アフリカ(二度!!)、タイ、フィリピンと、全く自分が予想してなかった海外という場でのライブを経験させてもらいました。

こんな人生なるなんて!!

僕以外のメンバー三人は、これからも音楽に携わります。
心から応援させてもらいます。
皆さんにも、今までと変わらぬ応援をしていただけると嬉しいです。

僕は一旦音楽から身を引きますが、大好きなギターは弾き続けるでしょう。
いや、弾かずにはいられません。
X JAPAN弾きます。
紅に染まらせていただきます。

今まで本当にありがとうございました。
そして突然すみませんでした。

10月のラストツアーでお会いしましょう!!
37歳、燃え尽きます!!

Sawagiのコメント

突然のご報告となり申し訳ございません。

観音のバンド脱退を受け
今後形を変えて活動を継続するのかも含めて検討した結果
解散という結論に至りました。

また形を変えて戻ってくる事もあるかもしれませんが
Sawagiとしての活動はここで終わりにしようという事となりました。
それが全てになります。

活動開始から12年間
色々な形で応援してきて頂いた皆様には心からの感謝を申し上げます。

そして最後にライブツアーを開催する事を決めました。
全員で燃え尽きます。
楽しみです。

宜しく御願い致します!

Sawagi

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影