『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

コナリミサトの漫画『凪のお暇』が実写ドラマ化。7月からTBSで放送される。

『第8回ananマンガ大賞』『第22回文化庁メディア芸術祭』優秀賞などを受賞した『凪のお暇』は、都内にある家電メーカーで働く28歳のOL大島凪が主人公。場の空気を読みすぎて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまった凪が人生のリセットを決意し、会社を辞め、マンションを解約し、恋人、関わっていた全ての人たちとの連絡を絶ち、人生の再生を図ろうとする、というあらすじだ。

ドラマ版で大島凪役を演じる黒木華は「このドラマを見てくださる皆さんに、凪ちゃんの姿に共感して、私も一歩踏み出して頑張ってみようかなと少しでも思ってもらえるように、明るく楽しく一生懸命頑張りたいと思いますので、どうぞご覧になってください」とコメント。

また原作者のコナリミサトは「ふわりとした雰囲気の中に凛とした何かを感じて目が離せない…。と以前から思っていた黒木華さんが凪を演じてくださるとお聞きしたときはうれしくて拳を握りしめました」と述べている。

TBSのオフィシャルサイトには、アフロヘアで凪に扮した黒木華の写真が掲載されている。

黒木華のコメント

原作を読ませていただいた時、純粋に面白くてすごくワクワクしました。
本当は空気を読むのが得意ではなくて、自分の気持ちが追いつかずにアップアップしてしまう凪ちゃんの気持ちなど、すごくわかるなぁという気持ちで感情移入してしまいました。このドラマを見てくださる皆さんに、凪ちゃんの姿に共感して、私も一歩踏み出して頑張ってみようかなと少しでも思ってもらえるように、明るく楽しく一生懸命頑張りたいと思いますので、どうぞご覧になってください。よろしくお願いします。

コナリミサトのコメント

ふわりとした雰囲気の中に凛とした何かを感じて目が離せない…。と以前から思っていた黒木華さんが凪を演じてくださるとお聞きしたときはうれしくて拳を握りしめました。そしてビジュアル第1弾を見せていただいたとき「凪だ! 黒木華さんが!!」とその拳を空高く掲げました。ドラマ放送日が本当に本当にたのしみです。

中井芳彦プロデューサーのコメント

さまざまな作品で演じる黒木華さんの表情が頭からずっと離れず、いつかはご一緒したいと思いながら数年。この原作と出会った時に「これだ!」と、思いきってオファーさせていただきました。「空気を読みすぎる女」から卒業し、強く明るく生きようと奮闘する凪(なぎ)を是非お楽しみください。

番組情報

『凪のお暇』

2019年7月から毎週金曜22:00~22:54にTBSで放送
演出:坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰 脚本:大島里美 原作:コナリミサト『凪のお暇』(秋田書店) 出演: 黒木華 ほか
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて