ニュース

ヤクザの西島秀俊&西田敏行が社会貢献『任俠学園』特報、主題歌はスカパラ

映画『任俠学園』のポスタービジュアルと特報映像が公開。あわせて主題歌が発表された。

9月27日から公開される同作は、昔気質のヤクザが義理と人情を武器に倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる今野敏の小説『任俠』シリーズが原作。経営不振の高校の立て直しを引き受けた阿岐本組のナンバー2・日村が、無気力で無関心な高校生や事なかれ主義の教師たちと対峙する、というあらすじだ。日村役に西島秀俊、阿岐本組の組長役に西田敏行がキャスティングされている。

特報では、日村が「行くぞ!」と声をかけ、伊藤淳史、池田鉄洋らが演じる組員を率いる様子や、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子が演じる学園の生徒たちの姿、「わたくしどもがヤクザだってこと、いつ頃わかりました?」と迫る阿岐本組の組長に対し、生瀬勝久演じる校長が「会ってすぐ」と即答する場面などが確認できる。

あわせて発表された主題歌は、東京スカパラダイスオーケストラが同作のために書き下ろした新曲“ツギハギカラフル”。メンバーの谷中敦、川上つよし、NARGOは昨年8月から9月にかけて映画の撮影現場を訪れ、楽曲のインスピレーションを得たという。“ツギハギカラフル”は特報映像にも使用されている。

谷中敦は「主題歌『ツギハギカラフル』の歌詞は、価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました。とっても素敵な映画に参加させて貰えて本当に光栄です」とコメント。

木村ひさし監督は「主題歌が東京スカパラダイスオーケストラさんだと聞いた時に先ずワクワク。そして出来上がった『ツギハギカラフル』を聞いた時、映画の作品観を見事に表現していると思いワクワク。更には『何だかスタッフ、キャストの事を歌っているみたいだ』と感じてワクワク。そして秋になり皆さんが劇場で『ツギハギカラフル』を耳にした時に、きっとワクワクした楽しい気分になっているだろうなと想像して、僕のワクワクは止まらないのです」と述べている。

木村ひさし監督のコメント

かんばんは。木村ひさしです。主題歌が東京スカパラダイスオーケストラさんだと聞いた時に先ずワクワク。そして出来上がった「ツギハギカラフル」を聞いた時、映画の作品観を見事に表現していると思いワクワク。更には「何だかスタッフ、キャストの事を歌っているみたいだ」と感じてワクワク。そして秋になり皆さんが劇場で「ツギハギカラフル」を耳にした時に、きっとワクワクした楽しい気分になっているだろうなと想像して、僕のワクワクは止まらないのです。

谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)のコメント

社会的に正しいか不適切か、よりも、行動に真心や愛情があるかどうかで物事を判断したい、と常々思ってる自分に、この映画はとっても刺さりました。
主題歌『ツギハギカラフル』の歌詞は、価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました。とっても素敵な映画に参加させて貰えて本当に光栄です。ありがとうございます。
皆さんが、この『任侠学園』を思い切り楽しんで下さることを願って止みません。

『任俠学園』ポスタービジュアル ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
『任俠学園』ポスタービジュアル ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
東京スカパラダイスオーケストラ
東京スカパラダイスオーケストラ
撮影現場を訪問した東京スカパラダイスオーケストラのメンバー  ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
撮影現場を訪問した東京スカパラダイスオーケストラのメンバー ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
撮影現場を訪問した東京スカパラダイスオーケストラのメンバー  ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
撮影現場を訪問した東京スカパラダイスオーケストラのメンバー ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
撮影現場を訪問した東京スカパラダイスオーケストラのメンバー  ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
撮影現場を訪問した東京スカパラダイスオーケストラのメンバー ©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察