ニュース

小松菜奈、門脇麦、のんら100人が「ヒロイン」語る『東京グラフィティ』

特集記事「女子が選ぶヒロイン100人」が、明日5月23日に刊行される雑誌『東京グラフィティ6月号』に掲載される。

カルチャー、カップル、インテリアなど若者の「リアルな」姿を取り上げる雑誌『東京グラフィティ』。小松菜奈と門脇麦が表紙を飾る同号の特集では女優や映画監督、作家、アーティストが「最愛のヒロイン」について語る。

小松菜奈は『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』のメアリーについて「メアリーはとにかく笑顔が印象的な女の子。心を奪われるってこういうことなんだと思うほど、かわいいんです。映画を観ている間、ずっと笑っていてほしいなと思いました」とコメント。

門脇麦は上橋菜穂子の小説『獣の奏者』のエリンについて「子どもの頃から、運命に翻弄されながらもとか、我慢に我慢を重ねてとか、子どもなのに早く大人にならざるを得ないとか、そんな境遇を背負っているヒロイン像に、弱いんです」と述べている。

さらに宇垣美里は桜庭一樹の小説『少女七竈と七人の可愛そうな大人』の川村七竈について「生きていると、どうしても捨てていかなければいけないものってありますよね。その存在を肯定して、私が上京する後押しをしてくれたのがこのヒロインです」と語っているほか、木地雅映子の小説『悦楽の園』の相原真琴を選んだのんが自信を取り戻したエピソードなどを掲載。

特集には小松、門脇、宇垣、のんに加えて、川上未映子、イガリシノブ、峰なゆか、鳥飼茜、はあちゅう、RINA(SCANDAL)、夏生さえり、大友花恋ら100人が登場する。

『東京グラフィティ6月号』表紙
『東京グラフィティ6月号』表紙
『東京グラフィティ6月号』より
『東京グラフィティ6月号』より
『東京グラフィティ6月号』より
『東京グラフィティ6月号』より
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル