小松菜奈&門脇麦のライブシーン公開 『さよならくちびる』秦基博提供曲

ハルレオが歌う映画『さよならくちびる』の主題歌“さよならくちびる”のライブシーンが公開された。

5月31日公開の映画『さよならくちびる』に登場するハルレオは、小松菜奈演じるレオと門脇麦演じるハルによるギターデュオ。5月22日にメジャーデビューEP『さよならくちびる』をリリースした。

公開された映画本編映像のライブシーンには、ハルとレオがギターを弾き、歌唱する様子に加えて、成田凌演じるシマの姿が映し出されている。

塩田明彦監督は、“さよならくちびる”の作詞、作曲、プロデュースを手掛けた秦基博に「『さよならくちびる』というタイトルだけれど、単に悲しく泣けるバラードではなく、爽やかで前向きな感じにしたい。新しい自分に生まれ変わろうともがく歌にも、愛する人へ別れを告げる歌にも聴こえるようにしたい」とオファー。秦は「最初に頂いた脚本に書かれていた『さよならくちびる』という言葉。その言葉を、ハルとレオならどんな風に歌うのだろうかとイメージしながら詞と曲を書きました」と述べている。

作品情報

『さよならくちびる』

2019年5月31日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督:塩田明彦 主題歌:ハルレオ“さよならくちびる” 挿入歌:ハルレオ“誰にだって訳がある”“たちまち嵐” 出演: 小松菜奈 門脇麦 成田凌 篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日高麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 小松菜奈&門脇麦のライブシーン公開 『さよならくちびる』秦基博提供曲

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて